凡例
時アイコン=日時 所アイコン=場所 容アイコン=内容 対アイコン=対象 受アイコン=受付
条アイコン=条件 員アイコン=定員 数アイコン=数量 額アイコン=支給・助成額など
料アイコン=料金 募アイコン=募集期間・方法 持アイコン=持参するもの
問アイコン=問い合わせ先

情報ひろば12月

福祉

高齢社会課からのお知らせ

問い合わせ先 駅南庁舎高齢社会課電話0857-20-3453
各総合支所市民福祉課(電話健康/病院ページ

【応急軽度家事援助事業】

内容本人または介護者のケガや病気などによって一時的な生活支援が必要な場合、家事援助員を派遣
対象市民税非課税の概ね65歳以上のひとり暮らしの高齢者など
料金30分あたり80円(1カ月11時間以内)

【生活管理指導短期宿泊サービス】

内容養護老人ホームに宿泊し、生活習慣などの指導、体調の調整を図る
利用施設:養護老人ホーム鳥取市なごみ苑(的場二丁目1)
利用日数:年21日まで
対象生活機能の低下が認められ、要介護・要支援の状態になるおそれのある高齢者(要介護・要支援認定者は除く)で、家事などの基本的な生活習慣が十分でない人(家族介護者の心身のリフレッシュのための利用も可)
料金基本708円/ 日(1泊2日は2日間と計算)、朝食380円/食、昼食・夕食各500円/ 食

【虐待高齢者保護サービス】

内容虐待の被害を受ける高齢者を施設で一時的(原則3カ月)に保護
対象生命に危機が認められる虐待の被害者で、他に頼るべき親族などがいないと認められる高齢者
料金基本料:3カ月間は無料、それ以降は708円/日
食事料:3カ月間は、朝食190円/ 食、昼・夕食各250円/ 食、それ以降は朝食380円/ 食、昼・夕食各500円/ 食

除雪応援隊の派遣

内容ひとり暮らしの高齢者などで除雪が困難で外出ができない世帯の孤立化を防ぐため、地域における除雪体制が整うまでの間、市職員で編成した除雪応援隊を派遣
対象(1)災害時要援護者支援制度に登録されている世帯
(2)災害時要援護者に準ずる人として認められる世帯
条件積雪量が50センチ以上であり、本人や家庭、地域で除雪できない場合に玄関から公道まで ※駐車場の除雪や屋根の雪下ろしなどは行いません。
募集期間・方法電話にて問い合わせ先まで ※受付時間:平日の8:30~15:00 ※除雪実施は、申込日の翌日以降の平日(午前中)とします。

認知症の人と家族の集い ~毎月第2金曜日開催~

参加無料、事前の申込みは不要ですので、お気軽にご参加ください。

日時12月13日(金)10:00~12:00
場所さざんか会館(富安二丁目)
問い合わせ先鳥取中央地域包括支援センター電話0857-20-3456

日ごろの認知症に関する相談は次の各センターでも受けています。

認知症コールセンター(毎週月~金)電話0859-37-6611
認知症疾患医療センター(渡辺病院)電話0857-39-1151

家族介護者の集い「スマイル・スマイル」

日時12月18日(水)10:00~12:00
場所駅南庁舎地下第二会議室(富安二丁目)
対象家族介護者または介護に関心のある人
内容看取りについて 講師:鈴木妙(すずきたえ)さん(鳥取県看護協会)
料金200円
募集期間・方法12月12日(木)まで
問い合わせ先スマイル・スマイル事務局(駅南庁舎鳥取中央地域包括支援センター内)電話0857-20-3457

地域療育セミナー

発達に気がかりがあったり障がいのあるお子さんが、地域の支援でよりよく生活でき、地域で「つながる」ことの大切さについて一緒に考えましょう。

日時12月21日(土)13:00~16:00
場所さざんか会館5階大会議室(富安二丁目)
対象子育てや療育に関心のある人
内容三木裕和(みきひろかず)さん(鳥取大学准教授)のお話、「子育て応援団」によるパネルディスカッションなど
募集期間・方法電話またはファックスで問い合わせ先まで
問い合わせ先こども発達・家庭支援センター電話0857-33-412FAX0857-20-0144

第5回三障がい啓発大会

12月3日から9日までは「障がい者週間」です。障がいや障がいのある人への関心と理解を深めるため、啓発大会を開催しますので、ぜひご来場ください。

日時12月8日(日)10:00~11:30(受付開始9:30~)
場所さざんか会館5階大会議室(富安二丁目)
内容講演「精神障がい・発達障がいについて」 講師:原田豊(はらだゆたか)さん(鳥取県精神保健福祉センター長)
問い合わせ先駅南庁舎障がい福祉課電話0857-20-3474