このページではJavaScriptを使用しています。

2013.12.04 学童保育の発足について 1320-A0163-001

受付日: 2013.12.04   分類: 教育・学校教育・学童保育

タイトル
学童保育の発足について

内容
 現在●●小学校には学童保育がありません。
 このたび新一年生で学童を望む声があり、市に伺ったところ5人以上の利用があれば発足できるということで、数人で発足を考えました。
 しかし、くわしく伺ったところ、保護者会が中心になって運営していくことが条件であること、指導員の方を保護者会で見つけなければならないことがわかりました。
 そこで、このことを学童を望んでいる保護者の方に伝えたところ、発足させることを断念されました。子育てと仕事を両立させながら発足の準備をしていくことに負担を感じられたようです。そして何より、指導員さんを見つけることはまず無理だろうということになりました。
 我が子は学童は必要ないのですが、何か手助けできればと思い調べたのですが、このような結果となりました。その方の子どもさんは、近くに●●小学校があるのにもかかわらず、学童のある他の小学校に入学予定です。我が子もいっしょに小学校へ上がれないことを悲しんでいます。
 発足後に保護者で運営していくことはわかるのですが、発足前は無理があると感じます。学校で説明会を開いてくださるとか、職員の募集を市が行ってくださるとか、何かお手伝いしていただけないものかと思い、提案させていただきました。


回答
 放課後児童クラブ(学童保育)の設立に関するご提案をいただき、ありがとうございます。
 本市には45の放課後児童クラブがあり、そのうち43クラブの運営を保護者会(2クラブはNPO法人)に委託しています。
児童クラブの設立にあたっては、利用を希望する児童が5人以上いることが必要です。
 市としては、児童クラブ未設置校区における新規開設に取り組んでいるところであり、ご要望のありました説明会の開催など、児童クラブ設立に向けて協力・支援したいと考えますので、まずは学校教育課までご相談ください。

 【本件に関するご質問・お問合わせは下記まで】

   教育委員会 学校教育課
   (電話番号:0857-20-3376)
   (E-Mail:kyo-gakkou@city.tottori.lg.jp)







質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?