このページではJavaScriptを使用しています。

2013.12.12 ガイナーレが降格 1320-A0165-001

受付日: 2013.12.12   分類: 教育・体育・スポーツ振興

タイトル
ガイナーレが降格

内容
 ついにガイナーレがJ3に降格しましたが、今日までにプロ(自分達のパフォーマンスで観客から収入を得る団体及び個人)に対し、多額の税金(特にオーロラビジョン代金約5億円)を投入した責任をどのように取っていただけますか。

回答
 ガイナーレ鳥取という鳥取県で唯一のプロスポーツチームの存在は、地域の一体感を強めたり、地域経済の活性化に大きく貢献しています。昨年の経済波及効果は4億9千万円とJFL時代から1億円以上の増加となっています。
 また、老朽化が進んだとりぎんバードスタジアムの施設改修についても、Jリーグチームのホームスタジアムのみに助成されるtoto助成金などを活用し、新たな一般財源の負担なしに実現できたものです。
 ガイナーレ鳥取がJ3へ降格したことは誠に残念ですが、「1年でJ2復帰」という多くの市民・サポーターの期待にしっかりと応えられるよう、本市としてもガイナーレ鳥取に力強い再出発を求めていきたいと考えます。

 【本件に関するご質問・お問合わせは下記まで】

   教育委員会 体育課
   (電話番号:20-3371)
   (E-Mail:kyo-taiiku@city.tottori.lg.jp)







質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
地域振興局 市民総合相談課
電話0857-20-3158
FAX0857-20-3053
メールアドレスshiminsoudan@city.tottori.lg.jp