このページではJavaScriptを使用しています。

2013.11.19 RV車専用駐車場を建設してほしい 1320-A0157-001

受付日: 2013.11.19   分類: 経済観光・観光・観光振興

タイトル
RV車専用駐車場を建設してほしい

内容
 山口県萩市の「ゆとりパークたまがわ」を見本とした、RVパークを鳥取市内、特に砂丘近辺に建設することを提案します。
 一昨年あたりから、かろいちや白兎の道の駅でキャンピングカーをよく見かけるようになり、また近年「軽キャンパー」が生産が追いつかない程売れているとのニュースを耳にするので、新幹線が走らない鳥取にとって最高のチャンスだと思います。境港まで来ても、砂丘へのアクセスの悪さにビックリしたと言う声もよく聞くので、市内まで観光客に足をのばしてもらうにはうってつけではないでしょうか。
 今後団塊の世代が退職しキャンピングカーを持つことも期待できるので、RVパークの需要は増す一方だと思います。私の父もそうですが、50~70代の男性はキャンピングカーへのあこがれが強いので、200万以内で買える軽キャンパーの登場は、鳥取が観光を中心に活性化するチャンスではないでしょうか。
 砂丘の近くにはすでに温泉施設もあるので、駐車場と電気スタンドを設置するだけでいいと考えると建設費用もそれほどには掛からないのでは?


回答
 このたびは、鳥取砂丘周辺の観光振興策についてご提案いただきありがとうございます。
 鳥取砂丘は、東西16km、南北2.4kmの広さを誇る広大な砂丘地であり、山陰海岸国立公園に指定されています。観光客は年間170万人に達し、周辺にはお食事、お土産店のほか、近年では「鳥取砂丘砂の美術館」のオープンにより連日多くのお客様で賑わっています。
 砂丘地内のキャンプ場としては「柳茶屋キャンプ場」があり、年間約5,000人の方に利用していただいており、約30区画のキャンプスペースと、隣接地には約20台分の駐車場を備えております。その他、市内には「安蔵森林公園キャンプ場」「山王谷キャンプ場」などのキャンプ場があり、多くの方にご利用いただいている状況です。
 ご提案いただきました鳥取砂丘周辺のRVパークの設置につきましては、現在、鳥取砂丘の魅力向上を図るため、砂丘周辺の今後の整備のあり方について検討しているところであり、その中で一つの方策として関係者の方と検討・協議したいと考えます。

 【本件に関するご質問・お問合わせは下記まで】

   経済観光部 観光コンベンション推進課
   (電話番号:0857-20-3227)
   (E-Mail:kankou@city.tottori.lg.jp)







質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
地域振興局 市民総合相談課
電話0857-20-3158
FAX0857-20-3053
メールアドレスshiminsoudan@city.tottori.lg.jp