このページではJavaScriptを使用しています。

第67回 佐治地域審議会

 

日  時:平成26年1月8日(水)午後3時00分~午後5時00分

場  所:佐治町総合支所2階第1会議室

 

[出席委員]  14名

  西尾寛茂・谷口由紀子・小塚郁子・田中敏文・下石義忠・小杉閉子・福安修・藤原直子

鈴木照美・下田浩二・金田洋子・福安道則・谷口勝男・西上洋治

 

[欠席委員]  1名

  上田公実

 

 [事務局]   11名

支所長浜野拓也、地域振興課長小谷繁喜、産業建設課長川西仁志、市民福祉課長竹本康宏、地域振興課課長補佐谷上右近

新市域振興監久野壯、新市域振興監主任濵崎浩司

都市整備部長大島英司、都市企画課長国森洋、建築指導課長桑村和滋、

建築指導課課長補佐田中孝典

 

 ◎会議次第

(1)協議事項

 

 1.空き家等の適正管理に関する条例について

 

 2.合併後の地域における現状と課題について

 

 3.地域審議会に代わる新たな組織について

 

報告事項

 

 1.旧佐治中学校跡施設等利活用検討会の検討状況について・・・・資料1

 

 2.地域おこし協力隊事業の検討状況について・・・・・・・・・・資料2

 

その他

 第68回(平成26年2月)の開催日について

    平成26年2月6日~13日の間 

 

 

【協議事項】

 

(会長) 定刻になりましたので、本日の会議を開会いたします。日程に従い説明をお願いします。

 

[空き家等の適正管理に関する条例について]

 

(事務局) 大島都市整備部長あいさつ後、建築住宅課桑村課長が資料に基づき説明。

   本市における空き家等の問題及び現状を踏まえ、空き家等の適正管理に関する条例を定  

  め、空き家等をまちづくりの有効資源と捉え多様な支援を行うことで、空き家等による災害を未 

  然に防止するとともに、良好な景観及び生活環境の創生並びに安全で安心な地域づくりに寄

  与することを目的とするのもです。

(委員)

   資料の7ページに鳥取市は行政代執行についての記載はありませんが、別の法律に基づき

  執行するのですね。また、どのような条件で執行できるのですか。   

(事務局)

   行政代執行法に基づき措置を行うことができるとなっています。どのような条件でできるのか

  とのご質問ですが、最終の命令でも実行しない時執行できると考えております。

(委員)

   その場合時間はどの程度を考えていますか。

(事務局)

   6ケ月~1年を目途としています。

(委員)

   新しい家を建て、古い家が空き家となった場合の取り扱いはどうなりますか。

(事務局)

   1年以上放置状態であれば空き家と判断します。ただし、時々帰って来られて(盆、正月)使

  用したり、時々換気など行っている場合は空き家とは判断しません。

(委員)

   条例の第17条で罰則規定がありますがこれはブレーキをかけるための条文ですね。

(事務局)

   できる規定を条文に明記しています。

 

 

[合併後の地域における現状と課題について]

 

(事務局) 新市域振興監のあいさつ後地域振興課長が資料に基づき説明

   新市域振興ビジョン策定のため、平成25年度中に地域審議会の意見等を取りまとめる必要

  があります。1月と2月の地域審議会で地域の現状と課題を再確認し、委員の皆さんから将来

  像も含めたご意見をいただき、ビジョンを組み立てていく必要があります。

(委員)

   和紙産業の振興について、今までとは異なった斬新な取り組みが必要であると考えます。

(委員)

   産業振興対策について、農地の集約との記載がありますが集約より共同経営等のビジョンを

  明確にする必要があると考えます。

(委員)

   防犯・防災対策について、現在の機械は老朽化し、小型可搬ポンプの更新の際、購入助成

  の制度ができないものでしょうか。

(委員)

   近年、消防車が大型化し、幅員の狭い集落への乗り入れが出来ないところもあり、それぞれ

  の地域の現状にあった対応や消防署から遠隔地の集落への対応を優先的に配慮する必要が

  あると考えます。

(委員)

   人口の減少を食い止める施策の必要性を痛感しています。例えば佐治町を応援してくれる県

  外の人をターゲットにダイレクトメールを仕掛け、佐治のふるさと便を発送し、ふるさとを思い出

  してもらうようなアクションを起こすことが必要です。

(委員)

   私の友人から佐治か用瀬に住みたいけれど「子育てしながら生活するのは非常に厳しい」と

  の意見をよく聞きます。その地域の魅力をもっとPRし、生活の不安を払しょくするような魅力的

  な施策が必要であると考えます。

(委員)

   UIJターンをされている方々に「何が決め手になったのか?」本音をお尋ねする必要があると

  思います。

(委員)

   家プラス農地等をセットにした受け皿を準備し、ただ、「来て来て」ではダメです。お膳立てが

  必要です。

(事務局)

   貴重なご意見ありがとうございます。次回の会議では今回ご発言が無かった委員さんからも

  具体的な取り組み等数多くのご意見をいただきたいと思いますのでよろしくお願いします。

 

 

[地域審議会に代わる新たな組織について]

 

(事務局) 資料に基づき地域振興課長が説明

   平成25年8月の地域審議会の時に具体的なスケジュール等の説明と方向性を協議していた

  だきました。佐治地域審議会の総意として事務局案2で報告してもよろしいでしょうか。   

 

  全員了承

 

 

【報告事項】

[旧佐治中学校跡施設等利活用検討会の検討状況について]

 

(事務局) 資料1に基づき地域振興課長が説明

   この素案をもとに1月末を目途に意見交換会を開催し、広く住民の皆さんのご意見を伺い、

  利活用方針の指針としたいと考えております。

     

   特に意見なし。

 

   

[地域おこし協力隊事業の検討状況について]

 

(事務局) 資料2に基づき経過報告と今後のスケジュールについて地域振興課長が説明

   活動1に農産物や加工品の販売促進活動を追加、活動1の見直し、手すき和紙事業の振興

  を中心とした活動を追加し、農産物の加工品や販売促進活動は活動1の農業関係に集約し、

  削除しました。活動2の見直しをした理由は東京都の35歳の女性が手すき和紙にかかわる仕

  事がしたいとのお話があり、昨年佐治町に来られ、既にかみんぐ佐治で体験をされた経緯もあ

  り、できればこの事業での対応を検討したいと考えております。

 

(委員)

   その人は決定ですか。

(事務局)

   1月19日に東京で開催されますJOIN移住・交流&地域おこしフェアの佐治町のブースに来

  ていただき具体的なお話をします。有力な候補者ではありますが確定ではありません。   

(委員)

   協力隊員の定住は必須条件ですか。

(事務局)

   必須条件ではありませんが4年目以降の定住に向けて地域支援会議が中心となり、佐治町

  民が定住に向けて協力隊員を支援する必要があります。

     

[その他]

   特になし。

       

(会長) 

   他に何かありますか。ないようですので次回の日程を説明して下さい。

(事務局)

   中山間地域振興課から2月6日から13日までの間にお願いしますとの連絡が入っています。

(会長) 

   2月10日(月)に午後1時30分からこの会場でいかがでしょうか。

   委員、事務局・・・・・・承諾

(会長)  

   以上で第67回の佐治地域審議会を閉会します。

 

 

【関連資料】

第67回佐治地域審議会次第(PDF 73KB)

空き家等の適正管理に関する条例について(PDF 1.05MB)

合併後の地域における現状と課題について(PDF 326KB)

地域審議会に代わる新たな組織について(PDF 266KB)

資料1(PDF 164KB)

資料2(PDF 274KB)



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
佐治町総合支所 地域振興課
電話0858-88-0211
FAX0858-89-1552
メールアドレスsj-chiiki@city.tottori.lg.jp