シリーズ 第2回

鳥取市の誘致企業を紹介します!!

問い合わせ先第二庁舎企業立地・支援課 電話0857-20-3223

株式会社フロンティア ファクトリー

作業風景

作業風景

フロンティアファクトリー(鳥取工場)は、山下産業グループ(本社:岡山市)の基幹工場のひとつとして、平成24年11月2日に鳥取の地で操業を開始しました。縫製業は多くの労働力を必要とするため、雇用を確保できるか心配でしたが、鳥取市、鳥取県、ハローワーク等のご協力により、現在では鳥取県東部から53 人を採用させていただくことができました。今後は100人体制にしていきたいと考えています。グループの各工場では主にスクールシャツ等の縫製加工を行っています。鳥取工場ではその中でもニットシャツを主に製造しています。4月の入学式までに納品するのが使命であり、学校の合格発表後から最盛期に入ります。子供たちの学校生活を充実したものにしたいという思いから、多品種、小ロット、短納期等の要望に応えられるよう、より一層の生産力向上に力を注ぎたいと考えています。

山下和也さん

代表取締役
山下和也(やましたかずや)さん

また、国内の生産力維持向上、雇用増にわずかでも貢献できればという思いから、国内での物作りにこだわっていきたいと考えています。

所在地南栄町26番地3
従業員数53名(全体604名)
業務内容ニットシャツの縫製加工

安泰ニット株式会社

ニット製品

ニット製品

鳥取県に初めて進出して50年目の節目となる平成24年12月に、県下6番目の鳥取工場(安長)で業務を開始しました。昭和20年頃に日本の基幹産業であった繊維産業の自給率は、平成24年には3%となり、人間が生きる上で最も大切な『衣、食、住』の『衣』が軽んじられていると感じます。当社の社訓『礼節、反省、感謝、整理整頓、責任感』は、終戦直後の荒廃から立ち上がる時期に決められました。この中の『礼節』は『衣食足りて礼節を知る』から決められ、国の振興と衣料供給を担う心意気を感じます。

大坪武彦さん

代表取締役社長
大坪武彦也(おおつぼたけひこ)さん

平成26年4月には鳥取市河原町に新工場を稼働させます。現在、日本人の3人に1人しか着ることのできない日本製ニット製品ですが、社訓を胸に刻みながら『消費者に感動と感激を与える商品づくり』を鳥取県内の工場で行い、日本国内はもとより世界中に供給していきたいと考えています。

所在地鳥取工場:安長80番地2
河原工場:河原町袋河原27番地1
(平成26年4月操業開始予定)
従業員数32人(全体280人)
業務内容紳士、婦人、子供服など丸編カットソー(裁断・縫製)製品の製造

ポリテクセンター鳥取 受講生募集(4月期生)

再就職のために職業訓練を受講してみませんか?

【CAD/NC加工技術科】/【電気設備科】

募集期間2月14日(金)~3月14日(金)
訓練期間4月2日(水)~9月29日(月)
受講料無料 ※テキスト代(約1万円)は自己負担です。
定員15名(CAD/NC加工技術科)
18名(電気設備科)
対象者ハローワークに求職の申し込みをされている方
応募方法受講申込書をハローワークに提出してください。
選考日3月19日(水)
問い合わせ先ポリテクセンター鳥取(鳥取市若葉台南七丁目) 電話0857-52-8802

自衛隊からのお知らせ

【自衛隊幹部候補生(一般幹部候補生(飛行要員を含む)】

試験日(一次試験)5月10日・11日(土・日)
募集期間2月1日(土)~4月25日(金)

【予備自衛官補】

募集期間4月2日(水)まで

詳しくは下記までお問い合わせください。

問い合わせ先自衛隊鳥取募集案内所 電話0857-26-4019

鳥取市雇用創造協議会
市内求職者向け人材育成研修の受講生募集

【サービス介助人材コース】

内容高齢者や障がい者に対する接客時の「安全な介助技術」を習得する研修
研修期間2月25日(火)~3月25日(火)
※20日間(土日祝除く)
研修会場鳥取県立福祉人材研修センター(伏野)

【環境にやさしい健康住宅アドバイザーコース】

内容住まいの現代病などの原因を診断し、健康的な住まい方を提案できるスキルを習得。健康住宅アドバイザー資格試験に必要な知識も習得可能。
研修期間2月26日(水)~3月26日(水)
※20日間(土日祝除く)
研修会場鳥取県立福祉人材研修センター(伏野)

※1日あたり最大3530円の受講奨励金支給制度があります(一定の条件あり)。

問い合わせ先鳥取市雇用創造協議会事務局(第二庁舎経済・雇用戦略課内)
電話080-2931-9653または0857-20-3134