このページではJavaScriptを使用しています。

第64回 国府地域審議会議事概要

日時:平成26年2月10日(火)13時30分~14時48分

場所:国府町中央公民館
 

〔出席委員〕
 森原喜久、山﨑豪太郎、岡垣宏治、田中道春、正木直志、森田わか子、安木恵美子、沖時枝、植田公子、村尾馨、岡野賴雄、木下敏明、安木秀明
 

〔欠席委員〕
 廣瀬いつ子、長尾具子
 

〔下水道経営課〕
 谷口課長補佐
 

〔財産経営課〕
 宮谷主任
 

〔事務局〕
 加藤支所長、竹氏副支所長兼地域振興課長兼教育委員会国府町分室長兼国府町中央公民館長、加藤市民福祉課長兼国府地区保健センター所長兼麻生児童館長、谷岡産業建設課長、山中地域振興課課長補佐

 


◎会議次第


1 開会


2 会長あいさつ


3 報告事項

  (1)下水道等使用料金の改定について
 


  (2)公共施設ファシリティマネジメント(FM)の推進について
 


  (3)その他
 
 

4 審議事項


  (1)鳥取市新市域振興ビジョンについて


  (2)その他

 

5 その他


 


6 閉会


 

記事概要


1 開会(事務局) 会議成立確認

2 会長あいさつ

3 報告事項


1)下水道等使用料金の改定について
 

  (谷口課長補佐 資料1「下水道等使用料金の改定について」により説明)
 

(会長)
 質疑に入ります。
 

(委員)
 今回の改定により、全体でどのくらいの収入が増えることになるのか。
 

(下水道経営課)
 来年度改定時期の7月請求分以降見込みで、3,200万円程度増えると予想しています。通年ベースでは、4,200万円程度の増収見込みです。
 

(委員)
 改定従量を、50㎥を超え200㎥の間に絞った理由は何か。
 

(下水道経営課)
 50㎥から100㎥が一般家庭に影響する標準的な範囲と判断し、今回の改定をしています。100㎥を超えるのは、企業・事業所になるだろうと考えています。
 

 

(2)公共施設ファシリティマネジメント(FM)の推進について
 

  (加藤支所長 資料2「なぜ、イマ、公共施設(ハコモノ)のあり方を見直すのか?

~公共施設ファシリティマネジメントの推進について~」により説明 )
 

(委員)
 資料には『鳥取市公共施設白書(仮称)』を2月に公表とあるが、いつ公表するのか。
 

(財産経営課)
 現在鋭意作成中で、庁内各部署に校正をお願いしているところです。できる限り早い段階で公表したいと考えています。対象施設は屋根のある建物で、白書は200頁ほどになると思います。
 

(委員)
 見直す対象施設を各地域でリストアップして載せるのか。
 

(財産経営課)
 白書には、公有財産台帳を基本として、名称や位置、利用状況、光熱水費、延べ面積、建築年等いろいろな客観的なものを掲載します。具体的にこの町のこの施設をなくそうというようなことには触れていません。
 

 

 (3)その他
 

竹氏副支所長が、前回第63回地域審議会資料1「都市計画道路の見直しについて」の差替えと、委員からの質問事項-国府中学校閉門時間-に係る学校長からの聞き取り結果について報告をした。

 

 

4 審議事項

 

(1)鳥取市新市域振興ビジョンについて
 

  (竹氏副支所長 資料3「新市域振興ビジョン 構成(案)」により説明)

 

(委員)
 資料8頁資源中のイベントについて、「万葉フェスティバル」が載っているが、国府町独自で実施している「万葉集朗唱の会」をあげたらと思う。また、同じ頁の特性の最終行の「進展」ということばは良い意味にとってしまう。市報・県政だよりもこの表記をしているようだが、しっくりとこない。
 

(事務局)
 「進展」については、別の表記を検討します。
平成22年度から「万葉集朗唱の会」と「大伴家持大賞」を併せて「万葉フェスティバル」という形で開催しており、このように記載したところです。
 

(委員)
 資料6頁(1)「自治組織の強化」中の4行目の-災害時の対応や地域内交流など-は、5行目の-自治会と行政が一体となって-の次に入れた方がよいのではないか。
 

(委員)
 資料7頁「めざす将来像」中、「恵まれた山林・水などの自然環境」は「恵まれた自然環境」に、「住んでみて良かったまち」は「住んで良かったといわれるまち」にしたら聞こえがよくなる。
 

(事務局)
 貴重なご意見として、拝聴します。

 

  (2)その他

    なし。

 


5 その他 
 

(委員)
 旧国府町総合支所の活用について、これまでに学童保育施設へとの提言があったが、保護者から、宮ノ下小学校の学童保育料は安いし指導者がよいという評判を聞いた。改めて、旧支所の学童保育施設への活用を提言する。
 

(会長)
 公共施設ファシリティマネジメントとの関係も出てくると考える。来週開催される会長会でも言ってみたいと思う。

 

   竹氏副支所長が、来年度の審議会において、学校訪問と殿ダム周辺広場の視察を考えていることを、また、次回は、来年度4月になり日程は後日お知らせすることを話した。

 



6 閉会

 

 



 ページ上部へ戻る  



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
国府町総合支所 地域振興課
電話0857-39-0555
FAX0857-27-3064
メールアドレスkf-chiiki@city.tottori.lg.jp

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)