このページではJavaScriptを使用しています。

2014.01.31 SNSの使用基準について 1320-A0188-001

受付日: 2014.01.31   分類: 総務・職員・職員モラル

タイトル
SNSの使用基準について

内容
 当社が12月中旬に行った業務に対して、1月下旬になっても支払の通知がなかったため、業務依頼のあった総合支所の課に連絡を取ったところ、担当者は不在でした。折り返し連絡していただくことになったので待っていると、SNS(ソーシャルネットワークサービス、今回の件では具体的に言うと『Facebook』)のメッセージ機能を使用して「遅くなっていて申し訳ありません、○月○○日に振り込まれる予定です。」との回答がありました。
 支払処理が遅くなったことに関しては、私はその担当者を咎めることはないと考えています。しかしながら、個人レベルの繋がりを仕事上の、しかも謝罪を含むような連絡に使用するというのは、公務員として、というより社会人として問題があると感じました。
 私は、情報化の進んだ現在、ソーシャルネットワーク等の活用などインターネットを利用した双方向性のある情報発信の重要性・必要性を十分に理解しているつもりです。だからこそ、使う側のモラル、とくにビジネス上の活用については秩序をもっていただきたいと思います。
 鳥取市として、業務上のインターネット使用ならびに個人的なSNSの活用について、どのような基準を定めているのかお聞きしたいと思います。 


回答
 このたびは、職員の不適切な対応によりご不快な思いをさせてしまいましたこと、まずもって深くお詫び申し上げます。
 業務代金の支払いが遅れたことのお詫びは、お会いしてお話させていただくか電話で直接お伝えするべきであり、フェイスブックのメッセージ機能の使用は不適切でした。ご指摘をいただきました内容を本人へ伝え、支払いを遅滞なく行うことはもとより、誠意をもって謝罪することの大切さを指導したところ、本人も配慮が足りず、公私混同した不誠実な対応であったと反省しております。
 本市では、「鳥取市主管部等で管理するソーシャルネットワーキングサービスに係る運用ガイドライン」を定めており、SNSの利用に当たっては公式アカウントを用いることとしております。ご指摘を踏まえ、個人的なSNSのアカウントを業務に使用しないこと、また遅滞なく業務を遂行すること、誠意をもって親切丁寧に対応することを全職員に改めて指示いたしました。
 申し上げるまでもなく、総合支所は住民サービスの拠点です。引き続き市民の皆さんにご満足いただけるよう、支所職員をあげて住民サービスに努めてまいります。このたびは、誠に申し訳ありませんでした。
 
 【本件に関するご質問・お問合わせは下記まで】

   企画推進部 市民総合相談課
   (電話番号:0857-20-3158)
   (E-Mail:shiminsoudan@city.tottori.lg.jp)







質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
地域振興局 市民総合相談課
電話0857-20-3158
FAX0857-20-3053
メールアドレスshiminsoudan@city.tottori.lg.jp