特集

雇用創出に全力を尽くします!!

本市を取り巻く経済情勢は、長引く景気の低迷や相次ぐ製造業を中心とする大手企業の撤退により、依然厳しい状況が続いています。地域経済の活性化、雇用問題をどう解決するかは、緊急かつ重大な課題です。鳥取市の未来のために、全力でこれらの課題の解決に取り組んでいます。

問い合わせ経済・雇用戦略課  電話0857-20-3134
写真
昨年11月8日開催の合同企業説明会(とりぎん文化会館)

企業誘致の取り組み

鳥取労働局が発表した平成25年12月末の鳥取県東部の有効求人倍率は0.93倍と前年同月比で0.27ポイント増えています。しかし、鳥取県西部1.17倍、中部1.00倍、全国1.03倍と比べて、依然低い倍率となっています。長引く景気低迷から緩やかな回復基調にあるものの、本市の経済、雇用情勢は大変厳しい状況が続いています。

このような中、本市が平成25年9月に取得した三洋電機南吉方工場跡地に、高級和菓子などを製造する「株式会社源吉兆庵」が工場立地を決め、平成25年11月に進出協定を締結しました。

これにより、本市への製造業の新規立地としては、平成以降最大規模となる330人の雇用が見込まれています。

また、平成23年に若葉台に進出を決定し、平成24年6月より創業している「株式会社円山菓寮」は、鳥取工場わかばの里の増設を決め、本社機能を鳥取に移すとともに、現在69人の従業員をさらに増やすことが計画されています。

さらに、青谷町旧日置谷小学校の校舎を活用した植物工場「愛ファクトリー株式会社」が、今年1月から操業を開始し、障がいのある人を含む約10人の雇用が生まれたほか、家庭用電気暖房器具の製造・開発を行う「株式会社ライフオン」の鳥取市進出も決まり、今年2月に進出協定を締結し、5年間で約100人の雇用が計画されています。

無料の鳥取自動車道など整備が進む高速道路網や、自然災害が少ない本市のメリットを活かした企業誘致の取組みの成果が着実に表れています。

地元企業への支援

鳥取市では、新しく企業を誘致すると同時に、地元企業の新たな取り組みや事業の規模拡大などを支援して、地域産業の再生・再構築を図っています。

「若葉台地区スマート・グリッド・タウン実証事業(平成23~25年度)」の実施、スマート・グリッド関連機器および技術開発の支援、メガソーラー、バイオマス発電事業、マイクロ水力発電の促進などに取り組み、昨年10月には総務省の「分散型エネルギーインフラプロジェクト導入可能性調査地」に本市が選定されるなど、今後成長が見込まれる産業の創出にも積極的に取り組んでいます。

また、企業の先進的・モデル的な取り組みの企画提案を募集し、採択された事業を提案者へ委託することによって、雇用創出を図るとともに市内中小企業による新たな事業展開や事業の拡大を支援しています。

雇用対策の推進

写真
LEDライトで栽培した野菜を栽培しているまちなか植物工場

平成22年6月に策定した「鳥取市雇用創造戦略方針」に基づき、成長が見込まれる環境・エネルギー、保健・医療・福祉、環境産業など、特に、スマートグリッド(次世代送電網)や植物工場、LED導入などの新たな取り組みを積極的に推進しました。その結果、4年間の雇用創造数5000人の目標に対し、昨年9月末までで5522人を達成し、目標を大きく上回る成果を上げることができました。

さらに、鳥取市無料職業紹介所での求人企業と求職者マッチング支援やとっとり若者インターンシップ事業などにも積極的に取り組み、若者の雇用のミスマッチを解消し、雇用の促進を図っています。

平成26年度は、雇用創造戦略方針の実績を踏まえ、新たに「第三次鳥取市経済再生・雇用創造戦略」を策定し、平成29年度までの4年間で、5000人以上の雇用創造を目標に掲げ、地域経済の再生と雇用創造を強力に推進していくこととしています。

シリーズ 第3回

鳥取市の誘致企業を紹介します!!

問い合わせ先第二庁舎企業立地・支援課 電話0857-20-3223

株式会社円山菓寮 わかばの里

写真

わかばの里社屋

写真

わかばの里で製造している
かりんとう

鳥取市からの熱心なお誘いを受け、平成24年5月、鳥取県内初の賃貸型工場第一号として菓子製造工場を完成させました。

当社は主に、関西および首都圏に向けた複数ブランドの菓子を製造しております。平成25年11 月には兵庫県から鳥取市に本社を移転するなど、製造及び事務機能の集約を図っております。

更に本年3月の操業開始を目指して、新たな菓子製造ラインの増設工事にも着手しております。

関西及び首都圏への物流環境や工場運営に重要な雇用環境は当社にとってとても重要なポイントであり、その全てが具備された鳥取市への工場進出は、とても良い選択であったと感じております。

代表取締役山本達也さん

代表取締役
山本達也さん

今後とも当グループ会社の総力を挙げて、全力で取り組んで参りたいと考えております。

所在地鳥取市若葉台北6丁目1-10
従業員数69人(グループ全体280人)
業務内容菓子および食品製造

上田コールド株式会社 鳥取物流センター

写真

鳥取物流センター

写真

冷蔵・冷凍・常温の
3温度帯を備える物流倉庫

平成24年10月、鳥取市賀露町にて、温度管理や衛生管理が可能な3温度帯(冷蔵・冷凍・常温)物流センター業務を開始致しました。

物流センター内では、冷凍食品やアイスクリームなどの冷凍品、牛肉豚肉や野菜果物などの冷蔵品、ならびに各種常温食品や高温多湿を嫌う工場向け資材部品など、様々な商品・製品の保管や仕分け・流通加工を行っています。

昨年全線開通した鳥取自動車道を活用し、鳥取市から関西・関東をはじめ全国各地へ出荷されるメーカー様・業者様の商品・製品を、ローコストでハイクオリティーな物流ネットワークでサポートさせていただきます。

この鳥取物流センターは業務開始当初、鳥取市内から採用した7名体制でしたが、1年を経過して鳥取市及び周辺地域からの採用によって現在は20名を超えました。数年後には30名を超える体制で事業展開する計画です。

代表取締役上田広美さん

代表取締役
上田広美さん

所在地鳥取市賀露町4167番地
従業員数24人(グループ全体200人)
業務内容冷凍・冷蔵・常温での管理が必要な、商品・製品の倉庫管理・流通加工・地域内配送・全国輸送