このページではJavaScriptを使用しています。



日時:平成26年2月12日(水) 午後2時~午後5時15分


場所:青谷町総合支所・会議室




【出席委員】


亀谷勝彦、髙橋克己、房安一也、前家直樹、山田典子、北村由香里、日置優子、瀧洋子、鱸雅子、鈴木光頼、奥谷吉男、伊藤茂樹、川内美智子、芦川浩史


以上14名(敬称略)



【欠席委員】


長谷川英二


以上1名(敬称略)



【鳥取県】


教委高等学校課 津村係長



【鳥取市】


下水道経営課 下石係長

財産経営課 梶課長


【事務局】

小林支所長、土橋副支所長兼地域振興課長(併教育委員会分室長兼中央公民館長)、秋田市民福祉課長、中宇地産業建設課長、谷岡水道局営業所長、大前地域振興課課長補佐




会議次第

1 開会


2 会長挨拶


3 議題


(1)高等学校の現状と今後のあり方について(県教委高等学校課)

(2)下水道等使用料の改定について(下水道経営課)

(3)公共施設ファシリティマネジメント(FM)の推進について(財産経営課)

(4)新市域振興ビジョンについて

4 その他


5 閉会




議事概要

1 開会 14:00


2 会長挨拶


3 議題


(1)高等学校の現状と今後のあり方について(県教委高等学校課)

   (資料により説明)


<ダウンロード>
高等学校の現状と今後のあり方.pdf

〔主な意見・質疑〕


【委員】


 日野高校での活動を県教委としてどう受け止めておられるのか。


【県教委高等学校課】


 2年前に日野高校の在り方を考える協議会が設立されております。年2~3回程度会議を持たれている状況で、協議会として今年度中には支援する方策をとりまとめられ県に出される予定になっています。


【委員】


 「日野高校と地域の未来を考えるフォーラム」を開催したことによって効果は見えていますか。


【県教委高等学校課】


 学校や地域の方の認識が変わったように思います。現状を知ることによって危機感を持たれたことが大きいと思います。


【委員】


 かつて青谷中からも日野高校に行った子がいますが、下宿先とか寮はあるのか。


【県教委高等学校課】


 寮は2つありますが、現在は1人も入っていない状況です。


【委員】


 県外から生徒の受け入れについての考え方はあるのか。


【県教委高等学校課】


 県外からの生徒の受け入れは、県外指定地域から来る場合と住所を移して来る場合があります。県外からの生徒の受け入れ方については県議会からも意見があり検討しているところです。


【委員】


 魅力のある学校づくりをすれば生徒は集まってくると思うが、学校運営の在り方はそれぞれの学校に任せるのか。県教委として基本的な線は出されるのか。


【県教委高等学校課】


 学校の魅力化については、日野高校のように地域との関わりを踏まえて県教委も一緒になって考えていくことも必要だと思います。


【委員】


 最終的には生徒数によって考えると思うが、学校数を減らすことで対応するのではなく少人数であっても存続していただき、生徒数が少なければ少ないような学級運営の方法もあるのではないか。


【県教委高等学校課】


 平成31年度以降の在り方を考える上では、ご意見のようなことも含めながら幅広く検討していく必要があると思います。


【委員】


 岩美高校を考える会があると聞いていますが、発起人等、状況がわかれば教えていただきたい。


【県教委高等学校課】


 後日、準備します。


【委員】


 平成31年度以降、平成40年度までに731人減る中で、平成31年度以降の高校再編にあたっての答申が今年の9月に出る予定ということですが、答申の中に具体的な高校名は出てくるのか。また、東部地区では何校にするといったことが出てくるのか。


【県教委高等学校課】


 平成30年度までは原則、学校の再編は行わないこととしています。平成31年度以降は、再編を視野に入れながら検討した結果を踏まえた答申になるものと思われますが、過去の答申からいえば、具体的なものではなく、大局的な内容になると思われます。具体的なものが出てくるのは、基本計画や実施計画の段階だと考えます。


【委員】


 総合学科について、県教委としてカリキュラム等示しているのか。


【県教委高等学校課】


 特に示したものはないが、例えば青谷高校では、平成26年度1学級減って3学級になります。これまでの系列を見直しして、進路保障を見据えた系統立てた系列を考えられています。


【委員】


 青谷高校に卓球をする子を受け入れようと思っても寮がないので受け入れることができない。寮を設置できないものか。


【県教委高等学校課】


 地域が支援していくのであれば、地域が寮を設置することも考えられます。


【委員】


 平成31年度以降700人も生徒が減るという推計が出ているが、学級減に止まらず、東部で1校減ることになるのか。


【県教委高等学校課】


 生徒数が減るから必ずしも学校が減るということではありません。総合的に検討していきます。


(2)下水道等使用料の改定について(下水道経営課)

   (資料により説明)


<ダウンロード>
下水道等使用料の改定.pdf

〔主な意見・質疑〕


【委員】


 消費税が10%になっても料金は改定されるのか。


【下水道経営課】


 消費税に係る部分については、法に則って料金に上乗せするものです。


【委員】


 老人世帯でどれくらい使用しているのか。


【下水道経営課】


 標準的な家庭で1人、1ヶ月あたり8㎥、2ヶ月で16㎥です。2人世帯の場合の料金は、32㎥で税抜き3,552円になります。


【委員】


 今後8㎥までの世帯にも従量料金が係ることになるが、どういった経緯で負担することになったのか。


【下水道経営課】


 平成25年度から平成27年度までの経費や使用料がどれくらいになるか試算しました。結果として収支が不足するということで料金を改定するものです。基本料金は施設の維持費にあてることとし、0~8㎥までも処理料金がかかること、これまでの下水道等事業運営審議会でも負担いただいてはどうかという話は出ていました。今回の消費税の上乗せに併せてご負担いただくこととしたものです。


【委員】


 今回の料金改定は、どの範囲か。


【下水道経営課】


 消費税上がる部分については、全ての下水道に適用されますが、今回の料金改定は公共下水道事業と集落排水事業にかかるものです。小規模排水やコミプラ、合併浄化槽などの下水道は、今回の料金改定はありません。


(3)公共施設ファシリティマネジメント(FM)の推進について(財産経営課)

   (資料により説明)


<ダウンロード>
公共施設ファシリティマネジメント(FM)の推進.pdf

〔主な意見・質疑〕


【委員】


 今後、施設の統廃合をするにしても、地元の意見を聞きながら進めていただきたい。


【財産経営課】


 地元の意見を聴取しながら慎重に考えていきます。


(4)新市域振興ビジョンについて

   (資料により説明)


<ダウンロード>
新市域振興ビジョン(作成途中版).pdf

〔主な意見・質疑〕


【委員】


 地域に於ける具体的なことが出てこないが、具体的なことは示さないのか。


【事務局】


 この新市域振興ビションは、大きなくくりでの方向性を示すものです。このビジョンに基づいて具体的な個々の事業については、総合計画や中山間地域対策強化方針及び地域生活拠点再生整備計画などで取り組むこととなります。


新市域振興ビションに対する青谷地域審議会の意見として、次の2点を確認した。

〇青谷地域の現状は、他地域に比べ元気がない。目指す将来像の実現のためには、もっと地域、民間が頑張る必要がある。

 特に、リーダーとなる人材の発掘、養成が急務である。

〇青谷高校の存続は、「青谷高校が何故青谷に必要か。」という原点に立ち返る必要がある。

 「卓球」を地域の資源、宝として再認識し、地域を挙げて「卓球の青谷高校」を復活させる取り組みを進めよう。

5 閉会 17:15


<トップページ>

<ダウンロード>
第69回青谷地域審議会議事概要(h26.2.12).pdf


質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
青谷町総合支所 地域振興課
電話0857-85-0011
FAX0857-85-1049
メールアドレスao-chiiki@city.tottori.lg.jp