ピックアップインフォメーション 4月

市税・社会保険料などは納期限内に納付しましょう ~口座振替が便利です~

問合せ駅南庁舎徴収課電話0857-20-3433

市税・社会保険料等の納付は口座振替が便利

口座振替は、指定した口座から自動的に税金等が支払われますので、納め忘れがなく、支払いの手間もかかりません。

■取扱金融機関

市内に営業店舗をもつ各本店・支店・出張所(全国)及び倉吉信用金庫です。ただし、商工組合中央金庫は鳥取支店のみとなります。

■申込方法

預金口座のある取扱金融機関の窓口でお申し込みできます。納税通知書(納付書)、預金通帳、通帳の届出印を持参し、手続きをしてください。

※市税にかかる今年度当初(全期・1期)からの口座振替については、受付を終了していますので、2期以降分についてお申し込みください。

国民健康保険料はペイジー口座振替受付サービスで更に便利

国民健康保険料の口座振替の申込みが市役所の窓口で、銀行のキャッシュカード(※)を使い、簡単にできます。

※鳥銀・山陰合銀・鳥取信金・島銀・中国労金・ゆうちょに限る。

市税(市・県民税、固定資産税・都市計画税、軽自動車税)はコンビニで納付できます

市税( 市・県民税、固定資産税・都市計画税、軽自動車税)については利便性向上のため、銀行など金融機関以外で納税できるように、バーコード付きの納付書としています。なお、コンビニでの納付は、記載された期限までしか使用できませんので、ご注意ください。

※市税・社会保険料等の納付が遅れると、督促手数料や延滞金が加算される場合があります。

平成26年度市税・社会保険料の納期限日一覧種別
種別納付月4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月
市・県民税期別と各納期限 第1期
全期
6/30
第2期
(9/1)
第3期
10/31
第4期
(2/2)
固定資産税
都市計画税
第1期
全期
(6/2)
第2期
7/31
第3期
(1/5)
第4期
(3/2)
軽自動車税 全期
(6/2)
  • 国民健康保険料
  • 後期高齢者医療保険料
  • 介護保険料
第1期
全期
7/31
第2期
(9/1)
第3期
9/30
第4期
10/31
第5期
(12/1)
第6期
12/30
第7期
(2/2)
第8期
(3/2)

※( )内の納期限は金融機関等の休業日( 土・日・祝日) との関係から、納付月の翌月最初の営業日としています。

※市・県民税、国民健康保険料、後期高齢者医療保険料及び介護保険料については、自分で支払手続きを行う普通徴収での納期限となります。

個人住宅の小規模リフォームの助成

問合せ本庁舎建築住宅課電話0857-20-3291
対象者
  • 市内在住で、住民登録をしている人
  • 市税などを滞納していない人

※以前にこの助成を受けられた人は応募できません。

対象住宅市内に自ら所有し居住している住宅(店舗兼用住宅は住居部分)
対象条件
  • 住宅の機能向上や居住環境向上のための修繕、模様替え、増改築などの工事
  • 市内に本社を有する施工業者(個人事業者可)を利用すること
  • 助成金の交付決定後に着手し、年度末までに工事が完了するもの
  • 工事費が20 万円以上(消費税含む)のもの
  • 住宅改修に関する市の他制度による助成を受けないもの
交付金額工事費の10パーセントで上限20万円(ただし、満18歳未満の子ども、障がい者、または満65歳以上の高齢者が同居する世帯は上限30万円)
交付総額2000万円
交付件数交付総額以内で概ね100件程度(応募件数多数の場合は抽選)
募集期間4月9日(水)~5月8日(木)当日消印有効
応募方法「往復はがき」に必要事項をご記入のうえ、お申込みください。
その他
  • 当選者に助成申請などの各種様式一式を送付します。
  • 詳しくは、建築住宅課ホームページをご覧ください。

記載要領

図:はがきの記載例

【表面】(左半分のみ。右半分は無記入。)

〒680-8571 鳥取市尚徳町116番地
鳥取市都市整備部建築住宅課 行

【裏面】

  • 左半分:応募者の郵便番号、住所、氏名
  • 右半分:鳥取市住宅小規模リフォーム助成希望届
    1. 住所
    2. 氏名(フリガナ)
    3. 電話番号(携帯可)
    4. 住宅所有者名 ※応募者と所有者は同じであること
    5. リフォーム工事の概要 ※簡潔に記入のこと
    6. 施工業者名 ※市内に本社がある業者に限る
    7. 概算見積額 ※対象は消費税込20万円以上
    8. 18歳未満の子ども、障がい者、65歳以上の高齢者の有無 ※記入例:「子ども 有」
    9. 助成金見込み金額 ※概算見積額×10%、上限は20万円、(8)が「有」の場合は上限30万円、1000円未満切捨て
    10. 予定工事日程 ※記入例:「平成26年8月着工~10月完成」。着工済みは対象外