このページではJavaScriptを使用しています。

2014.02.17 ストロー現象対策について 1320-A0194-008

受付日: 2014.02.17   分類: 経済観光・産業振興・産業振興

タイトル
ストロー現象対策について

内容
 姫鳥線道路全面開通フォーラムが鳥取市民会館で開催されたが、開通に喜んでばかりではダメだと思う。なぜならストロー現象で鳥取県(鳥取市等)の人間は買物やイベントでそれぞれ山陽側に行くと思われるからだ。なにか対策が必要と思われるので国交省が行う交通量調査データーを分析し対処されたい。

回答
 鳥取自動車道全線開通によって、関西、山陽方面とのアクセスが格段に向上し、人と物の交流が活発化することによる本市経済の活性化を期待しているところです。
 交流の活発化により来訪者が増えると同時に鳥取から県外へ出かける人が増加することが予想されますが、県外へ買い物、イベント等で出かける人は以前からもいらっしゃいます。高速道路開通は県外からの来訪者が増加することによる効果を最大限に引き出すことが重要なことだと考えます。
 鳥取砂丘・因幡温泉郷周辺の観光入込客数を見ますと、鳥取自動車道未整備の平成19年度は214万人に対し、平成24年度は317万人と32.5%増加しています。昨年(第6期展示)、砂の美術館に入館された方は55.5万人にのぼり、アンケート調査等の結果から高速道路整備の効果が現れているものと判断できます。
 国土交通省が発表した「鳥取自動車道の供用2年後の整備効果」によると、入込客数の増加のほかに、鳥取に企業が進出する要因となったことも上位に挙げられています。また、事故件数の減少、医療施設への搬送時間の短縮、販路拡大など多くの効果が挙げられており、高速道路網の整備は本市の発展にとって重要な施策であるといえます。
 今後も高速道路網を活用した地域経済活性化に取り組み、人を本市へ呼び込むことによる、交流人口の増加を活かして、活力と魅力あるまちづくりに努めていきます。

 【本件に関するご質問・お問合わせは下記まで】

   経済観光部 経済・雇用戦略課
   (電話番号:0857-20-3249)
   (E-Mail:keizai@city.tottori.lg.jp)







質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
地域振興局 市民総合相談課
電話0857-20-3158
FAX0857-20-3053
メールアドレスshiminsoudan@city.tottori.lg.jp