このページではJavaScriptを使用しています。

狭あい道路拡幅整備事業の活用について

 建て替えなどにあわせて道路を拡げ、安全・安心なまちづくり  にご協力を

 

 市内の住宅地には、道路幅が4メートル未満の狭あい道路が多くありますが、消防車や救急車などの緊急車両が入りにくく救急活動に支障があったり、日常生活においても、歩行者・自転車が車とすれ違う際などに危険が生じたりしています。

 このような状況を改善するため、市では、道路中心線から2メートル以下の部分を寄付して頂き、道路用地として整備を行う『狭あい道路拡幅整備事業』を行っています。

 都市計画区域内を対象として、自治会等からの要望に基づき、「狭あい道路整備促進区域」の認定を行い、平成22年より事業を実施しています。現在、本事業を行っているのは、モデル的に事業に着手した行徳地区だけですが、他地区でも狭あい道路の整備を要望される自治会等には、ぜひ本事業を活用して頂きたいと考えています。

 

〇住民の皆さまが主体となって狭あい道路の整備計画を定め、住民の皆さまと市が協働して狭あい道路の改善を図っていきます。

 

  促進区域の認定要件:

  (1)面積1ヘクタール以上で、幅員4メートル以上の道路に接していない住宅の割合が7割以上。

  (2)面積1ヘクタール以上で、区域内の幅員6メートル以上の道路の延長が総延長の1/4未満。

   のいずれかであることなどが要件となっています。

   また、促進区域内で整備の対象とする路線は、対象路線に接する土地所有者及び建物所有者の2/3以上の同意が必要となります。

 

〇平成29年度より、狭あい道路整備促進区域内の対象路線において、道路用地を寄附していただいた方を対象とした報償制度をはじめました。

  寄附していただいた土地の面積に応じて、鳥取市公式インターネットショップ「とっとり市」のポイントを進呈いたします。(道路中心線より2メートル以内の後退用地の寄附に限ります。2メートルを超える土地についてはこれまで通り市の買い取りとなります。)

後退用地の面積

報償

2m2以下

5,000円

2m2を超え5m2以下

10,000円

5m2を超え10m2以下

20,000円

10m2を超え15m2以下

30,000円

15m2を超え20m2以下

40,000円

20m2を超えるもの

50,000円

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
都市整備部 都市企画課
電話0857-20-3272
FAX0857-20-3048
メールアドレスtosikikaku@city.tottori.lg.jp

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)