このページではJavaScriptを使用しています。

鳥取市空き家除却補助について

鳥取市空家等除却事業の募集について

 本事業は、国の「空家等対策の推進に関する特別措置法」第14条に規定する指導又は勧告を受けた「特定空

家等」のうち、本市より不良な住宅と判定された建物であるとともに、防災上周囲に対して危険性の高いと判断

された空き家等の除を行う場合において、工事費用の一部を助成するものです。

※本事業は国の基準により不良住宅と判定された建物が対象となります。判定結果により対象外となる場合

 がりますので、ご承知ください。

※申込多数の場合、鳥取市空家等対策協議会にて審議し緊急性が高いものより補助を行います。

 

【申込書ダウンロード】

 申込案内(PDFファイル)

 申込書(PDFファイル)

 鳥取市役所 建築指導課(本庁舎1階)においても申込書の配布を行っています
 

【募集期間】

 平成29年6月1日(木)~6月15日(木)まで ※消印有効

 持参による受付時間は、午前8時30分~午後5時15分までです。

 (土・日曜日、祝日を除きます。)

 

【申込方法】

 申込書に記入し必要書類を添付の上、鳥取市役所 建築指導課(本庁舎1階)まで郵送又はご持参ください。

 

【申込先】

 〒680-8571 鳥取県鳥取市尚徳町116番地

 鳥取市役所 都市整備部 建築指導課(本庁舎1階)

 注 意:各総合支所での受付は行っておりません。

 

【募集戸数】

 10件(先着ではありません。)

 

【補助金額】

 「補助対象経費」の3分の1上限30万円

 「補助対象経費」とは、1.建築物の除却、2.除却に係る廃材等の運搬、3.処分に要する費用をいいます。

  家財道具の処分費や庭木の伐採費等は補助の対象外となります。

 

【補助対象空家】

  国の「空家等対策の推進に関する特別措置法」第14条に規定する指導又は勧告を受けた「特定空家等」

 うち、次の要件すべてに該当するものが対象となります。

 (1)鳥取市内に存する建築物であって、現に使用されていないものであること。

 (2)木造又は軽量鉄骨造の建築物であること。

 (3)建築物の延床面積の2分の1以上が居住の用に供されていたものであること。

 (4)除却工事が、敷地内すべての建築物を除却するものであること。

 (5)平成30年3月上旬までに除却工事が完了するものであること。

 (6)国の基準により不良住宅と判定された建築物※1であること。

 (7)防災上周囲に対して危険性が高いと判断された建物※2であること。

 ※1(6)については、申込後、市職員が建物の判定調査を行います。判定結果により補助象外なる場合

  がありますので、ご承知ください。

 ※2(7)については、(6)とともに鳥取市空家等対策協議会で審議されます。審議結果によ次年度以降

  に再度補助申込をしていただく場合がありますので、ご承知ください。

 

【申込資格者】

 前記【補助対象空家】の所有者又は相続人で、次の要件のすべてに該当する方です

 (1)複数の者の共有に係る建築物を除却する場合は、当該建築物の共有者全員の同意が得れてること。

 (2)所有権以外の物権(賃借権を含む)の設定がされている建築物を除却する場合は、該権利全員の

  同意が得られていること。

 (3)助成を希望する所有者等が市税等※3を滞納していないこと※4。

 (4)不動産販売、不動産貸付又は駐車場等を業とする者が当該業のために行うものでないと。

 ※3(3)の市税等とは1.市税、2.国民健康保険料、3.後期高齢者医療保険料、4.介護保険料、5.保育

  所保育料、6.下水道使用料、7.下水道受益者負担金をいいます。

 ※4(3)については、申込時に滞納の確認は行いませんが、申請時に納付状況の調査を行います。

 

~除却事業補助の流れ(予定)~

 

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
都市整備部 建築指導課
電話0857-20-3281
FAX0857-20-3048
メールアドレスkensido@city.tottori.lg.jp
アクセスカウンタ