このページではJavaScriptを使用しています。

2014.05.22 住民基本台帳カードの廃棄方法について 1420-A0023-001

受付日: 2014.05.22   分類: 総務・総務一般・行政一般

タイトル
住民基本台帳カードの廃棄方法について

内容
 先日、カードの更新手続きに駅南庁舎市民課に行きました。顔写真付きで合併前に発行されたもののため、「廃棄処分されるのであれば、私にください」と申し出ました。
 ところが、「法律に回収するように書かれているのでお渡しできません。回収後は専用のシュレダーにて処理します」と回答を受けました。しかし、運転免許証や通帳も使用不能状態に処理された後は、本人の希望で返却されます。記念に保存しておきたいので、ぜひ返却をお願いします。
 カードを回収するのは、不正使用を防ぐためと考えます。更新時も不正防止のために2重チェックの方法が文書では指示されていましたが、市民課では運転免許証だけでよいとのことでした。 
 廃棄処分の仕方については、法律では見つけることができませんでした。返却できない理由も含め教えてください。


回答
 この度は、住民基本台帳カードの更新においでいただき、ありがとうございました。
 さて、住基カードの回収についてのお問い合わせの件で、ご本人様希望での返却が可能かどうかにつきまして、再度確認しましたところ、住民基本台帳法施行令第30条の14及び同条第30条の18において、カードの二重交付を防ぐため、必ず従前のカードと引換に新しいカードを交付することと規定されております。
 返納された従前のカードは、上記施行令第30条の23において、市町村が廃棄するよう義務づけられておりますが、その方法につきましては、ICチップ部の破砕等を確実に行うこと(総務省通知)となっており、鳥取市では、シュレッダーで処理後に廃棄することしております。
 なお、更新時の本人確認につきましては、すでにお持ちの住基カードが顔写真なしのカードの方は、運転免許証などの顔写真付きの公的な身分証明書のほか、もう1点の提示をお願いしておりますが、顔写真付きのカードの方は、そのカード自体が本人確認書類として有効ですので、もう1点の本人確認書類として、運転免許証を拝見させていただいたものと思われます。
 ご理解賜りますようお願いいたします。

 【本件に関するご質問・お問合わせは下記まで】

   総務調整監 市民課
   (電話番号:0857-20-3491)
   (E-Mail:shimin@city.tottori.lg.jp)






質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
地域振興局 市民総合相談課
電話0857-20-3158
FAX0857-20-3053
メールアドレスshiminsoudan@city.tottori.lg.jp