このページではJavaScriptを使用しています。

2014.05.26 行政窓口についてのアンケート 1420-A0026-001

受付日: 2014.05.26   分類: 総務・行財政改革・行財政改革

タイトル
行政窓口についてのアンケート

内容
 市民が一番接するのは行政窓口だと思います。行政窓口においての接客態度が市民にとっては鳥取市の顔となると思います。
 そこで、窓口にてアンケートを実施してはどうかと思います。提出するしないはお客様の意思ですが、アンケートに答えてくれる人は「どこそこにあるアンケート用紙に記入してください」ではなく、すべてのお客様にアンケート用紙をお渡しし、アンケートにお答えをお願いしますという態度で実施をするべきだと思います。対象窓口は全て。
 意見を書く欄も必要ですが、アンケートに簡単に答えられるよう、各項目を5段階評価程度とし、やチェックをするだけで完了するようにすれば、回収率も上がると思います。窓口担当者の名前を記載したアンケート用紙であればなおよいのですが。というのも、対応のよい人と悪い人の差がありすぎるからです。
 今の行政窓口は昔ほど劣悪なものではありませんが、民間企業に比べるとまだまだ妥当といえるレベルではないと感じます。
 今回の提案は、市職員の個人レベルでの評価、是正、向上を望むものです。


回答
 この度は、貴重なご意見をいただき、ありがとうございます。
 ご指摘の職員の接客態度の向上については、大変重要なことだと考えています。
 このため、市民の皆さんによりよい窓口サービスを提供させていただくために、来庁された方から多くのご意見をいただけるよう、利用者が多い市民課(駅南庁舎、本庁舎証明コーナー)の窓口で、年2回、期間を定めて職員が直接アンケート用紙の配布を行う満足度調査を実施し、その結果については、市公式ウェブサイトや窓口にチラシを置くなど公表しています。
 さらに、2,000人の市民の皆さんを対象とした、窓口サービスの満足度調査も2年に1回実施しており、回収したアンケートは、集計・分析し、その結果を窓口サービスの質の向上に役立てています。
 本市では、職員一人ひとりのレベルアップを図るため、本年度より職員研修を実施する予定にしていますが、それと併せ、あいさつの励行など接客力の向上を職員に対し、再度徹底してまいります。
 今後も引き続き、市民の皆さんのご意見を参考にさせていただきながら、満足いただける窓口サービスを提供できるよう市民ニーズの把握に努めてまいりますが、お気付きの点がございましたらご指摘、ご提言をお願いいたします。

 【本件に関するご質問・お問合わせは下記まで】
  企画推進部 市民総合相談課
  (電話番号:0857-20-3158)
  (E-Mail:shiminsoudan@city.tottori.lg.jp)






質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
地域振興局 市民総合相談課
電話0857-20-3158
FAX0857-20-3053
メールアドレスshiminsoudan@city.tottori.lg.jp