このページではJavaScriptを使用しています。

経営所得安定対策について

 

畑作物の直接支払交付金(ゲタ)

 

 対象となる作物を販売目的で生産(耕作)する販売農家、集落営農に対して、「標準的な生産費」と「標準的な販売価格」の差額分に相当する交付金が交付されます。支払いは数量払を基本としますが、営農を継続するために必要最低限の額については面積払で交付されます。

 

 〇交付単価(平均交付単価)

対象作物

数量単価

小麦

6,320円/60キログラム

二条大麦

5,130円/50キログラム

六条大麦

5,490円/50キログラム

はだか麦

7,380円/60キログラム

大豆

11,660円/60キログラム

てん菜

7,260円/トン

でん粉原料用ばれいしょ

12,840円/トン

そば

13,030円/45キログラム

なたね

9,640円/60キログラム

      ※単価については品質に応じて増減があります。

 

 

 

 

米の直接支払交付金

 

 米の生産数量目標を守った販売農家又は集落営農に対して、主食用米の作付面積から、自家消費米相当分(一律10アール)を控除して算定した面積に対して支払われます。

 

 〇交付単価  0.75万円/10アール(平成30年産から廃止)

 

 

 

 

 

水田活用の直接支払交付金

 

 水田で対象となる作物を販売目的で生産(耕作)する販売農家又は集落営農に対して交付されます。

 

 

(1)戦略作物助成

 

対象作物

交付単価

麦、大豆、飼料作物

3.5万円/10アール

WCS用稲

8.0万円/10アール

加工用米

2.0万円/10アール

飼料用米・米粉用米

収量に応じ、5.5万円~10.5万円/10アール

 

 

(2)二毛作助成

 

  水田における主食用米と戦略作物助成の対象作物、又は戦略作物助成の対象作物同士の組み合わせによる二毛作に対して交付されます。

 

  〇交付単価  1.5万円/10アール

 

 

(3)耕畜連携助成

 

  耕畜連携の取組(飼料用米のわら利用、水田放牧、資源循環)を行う水田において、飼料作物等を生産する農業者(耕種農家)に対して交付されます。

 

  〇交付単価  1.3万円/10アール

 

 

(4)産地交付金

 

  地域で作成する「水田フル活用ビジョン」に基づき、助成内容を設定しています。また取組に応じて追加配分が行われます。

 

  〇追加配分

対象作物

取組内容

追加配分単価

飼料用米

米粉用米

多収性専用品種への取組

1.2万円/10アール

加工用米

複数年契約(3年間)の取組

1.2万円/10アール

備蓄米

平成26年産政府備蓄米の買入入札における落札

0.75万円/10アール

そば、なたね

作付の取組

2.0万円/10アール(基幹作)

1.5万円/10アール(二毛作)

 

 

 

 

お問い合わせ先

 

  鳥取市農業再生協議会(事務局)

   鳥取市農業振興課生産流通振興室     電話0857-20-3234

   鳥取いなば農業協同組合 営農企画課    電話0857-32-1142

 

 

 

 

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
農林水産部 農業振興課
電話0857-20-3232
FAX0857-20-3047
メールアドレスnousui@city.tottori.lg.jp
アクセスカウンタ