このページではJavaScriptを使用しています。

2014.06.10 母親学級の開催について 1420-A0035-001

受付日: 2014.06.10   分類: 福祉保健・保健・保健センター

タイトル
母親学級の開催について

内容
 他の自治体では母親学級を開催していますが、鳥取市ではなぜ無いのでしょうか?
 市長は公約に子育て支援の充実を掲げておられましたので、実行に移してほしいです。


回答
 母親学級に関するご意見をいただきありがとうございます。
 母親学級は、妊娠中の女性を対象に妊娠生活を快適に過ごすことや、出産・育児への心構えを身につけるためのものです。
 本市では、妊婦とその配偶者を対象とした「両親学級」を平成9年から同24年までの15年間行い、多くのご夫婦の参加をいただきましたが、各産婦人科医院でも母親学級や両親学級が行われており、そちらを利用される方が増えてきました。
 平成24年には、市が行う両親学級には100組の参加がありましたが、アンケートの結果、産婦人科医院の学級に82.5%の方が参加されており、その内容は市の教室とほとんど同じものでした。
 このようなことから、学級は産婦人科医院が行うものに参加しながら、継続して主治医に相談していただき、市は希望や必要に応じ相談をお受けすることが、妊婦への負担軽減の観点からも望ましいのではと考え、検討の結果、市の両親学級は、平成24年度をもって終了しました。なお、ご夫婦で母子健康手帳を受け取りに来られた際には、ご希望で妊婦ジャケット着用による「妊婦体験」を実施しています。
 今後ともニーズにあった子育て支援が行えるよう努力してまいりますので、ご理解いただきますようお願いします。

 【本件に関するご質問・お問合わせは下記まで】

   健康・子育て推進局 中央保健センター
   (電話番号:0857-20-3196)
   (E-Mail:hokencenter@city.tottori.lg.jp)







質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
地域振興局 市民総合相談課
電話0857-20-3158
FAX0857-20-3053
メールアドレスshiminsoudan@city.tottori.lg.jp