このページではJavaScriptを使用しています。

第70回佐治地域審議会

 

 

日  時:平成26年5月26日(月)午後2時00分~午後4時00分

 

場  所:佐治町総合支所2階第1会議室

 

 

 

[出席委員]  11名

 

  ・下石義忠・小杉閉子・福安修・藤原直子・金田洋子・小塚郁子・西上洋治・谷口勝男

 

 ・田中敏文・谷口由紀子・鈴木照美

 

 

 

[欠席委員]  4名

 

  上田公実・福安道則・西尾寛茂・下田浩二

 

 

 

 [事務局]   8名

 

 支所長浜野拓也、地域振興課長小谷繁喜、産業建設課長川西仁志、市民福祉課長竹本康

 宏、地域振興課課長補佐谷上右近  

 

庁舎整備局長 亀屋愛樹  

 

財産経営課長 梶和弘、主事 加藤禎之 

 

 

 

 ◎会議次第

 

(1)協議事項

 

 1. 庁舎整備について

 

 2. 公共施設のあり方検討に向けた取り組みについて

 

 

 

(2)報告事項

 

1.旧佐治中学校跡施設等利活用基本方針について

 

2.地域おこし協力隊事業の取り組み状況について

 

3.「市町村合併10周年記念鳥取市新市域の夢のあるまちづくりフォーラム(仮称)」 の開催予定について

 

 

 

 

 

その他

 

 

 

   第71回(平成26年7月)の開催日について

 

 

 

   7月9日(水)~7月18日(金) 

 

 

 

(会長) 定刻になりましたので、本日の会議を開会いたします。

 

     日程に従い説明をお願いします。

 

 

 

 

 

【協議事項】

 

[市庁舎整備について]

 

 

 

(事務局)

 

   庁舎整備局長が資料に基づき説明。

 

   

 

(委員)

 

   市長選後に一歩前進したのですか。   

 

 

 

(事務局)

 

   市議会特別委員会の議論も9月議会には最終報告され、方向性について結論が出されま

  す。年度内には設計などに着手したいと考えています。

 

 

 

(委員)

 

   出前説明会はどのように市民に周知するのですか。

 

 

 

(事務局)

 

   市のホームページでも紹介しますし、6月の自治連地区会長会の時に説明し、地域ごと

  にPRしたいと考えております。

 

 

 

[公共施設のあり方検討会に向けた取り組みについて]

 

 

 

(事務局)

 

   財産経営課長が概要を説明、その後担当者が資料に基づき説明。

 

 

 

(委員)

 

   資料6ページの佐治地域の未活用施設の数値が高いのは何ですか。

 

 

 

(事務局)

 

   旧佐治中学校や豪雪山村センターです。下段は地域住民1人当たりの延床面積です。

 

 

 

(委員)

 

   福部町総合支所に福部郵便局が入っているとの事ですが、経緯等が解りましたら説明して

  下さい。

 

 

 

(事務局)

 

   福部郵便局の建物の位置は降雨時に塩見川が氾濫し、浸水が多発する地形のため、局の

  方から支所内への入局の話があったと聞いております。

 

 

 

(委員)

 

   旧佐治中学校のクラブ活動の部室として利用していたプレハブの建物の処置とその中にあ

  るものはどうするのですか。

 

 

 

(事務局)

 

   取り壊す方向ですが実施にはもう少し時間がかかります。建物内にある物品類は基本的に

  は処分しますが、利用できるものは使用したいと考えています。

 

 

 

(委員)

 

   鳥取市としての基本的な方向性は決まっているのですか。

 

 

 

(事務局)

 

   現在の状況を市民の方々にまず説明させていただき、皆さんと意見交換等を重ね、今年度

  中に公共施設のあり方の基本方針をとりまとめることとしています。

 

 

 

【報告事項】

 

 

 

[旧佐治中学校跡施設等利活用基本方針について]

 

 

 

(事務局)

 

   地域振興課長が説明

 

   情報提供です。本庁を通じてある業者さんが野菜工場として利用したいとの話が来ています

  が現時点では具体的な計画や内容は不明です。本日はこういう話が来ているということのみ

  を報告させていただきます。

 

 

 

(委員)

 

   応募の締め切りはあるのですか。

 

 

 

(事務局)

 

   いったんは応募の期限を区切りますが期限内にすべての部屋の利用が確定すれば終了と

  なります。募集期間内に応募がない場合は引きつづき募集をかけることになります。

 

 

 

(委員)

 

   利用したい部屋の選択はどうなりますか。

 

 

 

(事務局)

 

   基本的には利用されたい方の意向を尊重すべきですが先程の野菜工場のような大規模な

  計画の場合はかなりの面積が必要であると想定されますので計画内容を伺ってから募集をか

  ける必要があると考えています。

 

 

(委員)

 

   期間の途中で契約を破棄する場合もあることを想定した契約とすべきではありませんか。

  限を切って契約されるのですか。又、方向性が決定すれば地元等に情報提供していただき、

  事後報告にならないようにしていただきたい。

 

 

 

(事務局)

 

   情報提供は大切な事ですので方向性が決まれば提案者と協議し、地域や地元への説明会

  を開催します。契約についてですが一定の年数を区切って契約することになります。業者さん

  の都合で撤退される場合を想定した制限を契約に盛り込むことはできません。

 

 

 

[地域おこし協力隊事業の取り組み状況について]

 

 

 

   地域振興課長が資料に基づき4月22日に開催された第69回佐治地域審議会報告以降の

  経過について説明。

 

 

 

(委員)

 

   地域活性化の活動グループは地域おこし協力隊員や中山間地域振興推進員へ各種会議

  等への参加の声掛けをしても良いのですか。

 

 

 

(事務局)

 

   積極的に声掛けをしていただいて結構です。

 

 

 

(委員)

 

   地域活性化を図るための協力隊員や推進員ですのでいろいろなアドバイスをいただけたら

  と思います。

 

 

 

(事務局)

 

  いろいろな体験や話をしていただく事が大切ですのでどんどん声をかけて下さい。

 

 

 

[「市町村合併10周年記念鳥取市新市域の夢のあるまちづくりフォーラム(仮称)」の開催について]

 

 

 

(事務局)

 

  地域振興課長が資料に基づき、7月19日の土曜日、午後6時30分より2時間程度用瀬地区

  保健センターで開催予定されていることを説明。(パネルディスカッションのパネリストに河原、

  用瀬、佐治の3地域の地域審議会委員の方の中からお1人に加わっていただく方向で進めら

  れているとの事ですのでご承知ください。)

 

 

 

[その他]

 

(委員)

 

   佐治町津野の高齢者の方から「オンデマンドバスが出来て非常に助かっている。」との嬉し

  い声がありましたので報告します。

 

 

 

(委員)

 

   佐治町調理実習室のエアコン設置の件はその後どうなっていますか。

 

 

 

(事務局)

 

   現在、今年度に何とか1台設置するように担当課と協議を進めています。

 

 

 

(委員)

 

   今年度はふるさと体験活動支援事業で多くの小学生が来ますので早急にお願いします。

 

 

 

(事務局)

 

   早急に対応できるよう協議を進めます。  

 

 

 

(会長) 

 

他に何かありますか。

 

ないようですので次回の日程を説明して下さい。

 

 

 

(事務局)

 

 中山間地域振興課から7月9日から18日までの間との連絡が入っています。

 

 

 

(会長) 

 

 7月15日(火)に午後3時00分からこの会場でいかがでしょうか。

 

 

 

委員、事務局・・・・・・承諾

 

 

 

(会長)  

 

以上で第70回の佐治地域審議会を閉会します。

 

 

 

【関連資料】

第70回佐治地域審議会次第(PDF 29KB)

庁舎整備について(PDF 1.0MB)

公共施設のあり方検討会に向けた取り組みについて(PDF 2.1MB)

地域おこし協力隊事業の取り組み状況について(PDF 47KB)

「市町村合併10周年記念鳥取市新市域の夢のあるまちづくりフォーラム(仮称)」(PDF 45KB)

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
佐治町総合支所 地域振興課
電話0858-88-0211
FAX0858-89-1552
メールアドレスsj-chiiki@city.tottori.lg.jp