このページではJavaScriptを使用しています。

2014.06.04 納入通知書兼領収書について 1420-A0033-002

受付日: 2014.06.04   分類: その他・その他・その他

タイトル
納入通知書兼領収書について

内容
 市役所に10円を2回納入しましたが、計20分かかりました。無駄な時間だと思います。県外から調査に来る人間にとって1日の時間が限られています。
 窓口の職員がパソコンで納入書作成~印刷~銀行窓口で支払書作成していますが、印刷した用紙2枚(1回当り)の金額が無駄です。
 各窓口で徴収担当を決め、1日の最後にまとめて収入役へ納付すればいいと思います。
 領収書も安価な紙(名刺大)で用件は足りるのではないでしょうか?


回答
 本市の公金を納付いただいた際に、長くお待ちいただいたことについてお詫びいたします。
 公金は、地方自治法や市条例・規則等に基づき、納入通知書をもって納付をお願いするものですが、手数料や販売代金など、口頭や掲示による方法で納入の通知を行うことができる料金については、会計管理者の委任を受けた出納員等が、直接現金を受け付けることができます。
 このたびの件は、出納員等を配置していない部署で、納付をお願いしたものと考えられ、手続に時間を要したものと思われます。
 大切な公金をお預かりしますので、適正な事務処理を行うことは当然のことですが、今後は、窓口事務の迅速化を図り、市民サービスの向上に努めて参りますので、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

 【本件に関するご質問・お問合わせは下記まで】

   出納室 出納室
   (電話番号:0857-20-3321)
   (E-Mail:suito@city.tottori.lg.jp)







質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
地域振興局 市民総合相談課
電話0857-20-3158
FAX0857-20-3053
メールアドレスshiminsoudan@city.tottori.lg.jp