このページではJavaScriptを使用しています。

鳥取市鳥獣被害防止計画が新たに策定されました。(平成26年度~平成28年度)

 鳥獣被害防止特別措置法(鳥獣による農林水産業等に係る被害防止のための施策を総合的かつ効果的に推進することを目的とする法律)が平成20年2月21日に制定されました。
 この法律に基づき、集落の代表者、狩猟団体、JA、行政等で組織する鳥取市鳥獣害対策協議会を新たに立ち上げ、市における鳥獣被害をできる限り減少させるため、鳥取市鳥獣被害防止計画を審議・策定しております。
 鳥獣による農林業被害については、捕獲、防除、追払い、環境整備、普及啓発等の被害防止対策を総合的に実施し、地域住民の理解と協力を得つつ関係機関との連携によりはじめて被害の減少が図られるものと考えております。

 この計画は3年ごとに策定するものであり、本年が策定年度となっているため、鳥獣被害対策の実績や捕獲の現状及び今後の目標数値などを見直し現在の実態を反映して、新たに平成26年度~平成28年度の鳥取市鳥獣被害防止計画を策定しました。
 この鳥取市鳥獣被害防止計画については、以下のファイルをダウンロードしてご覧ください。



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
農林水産部 農業振興課
電話0857-20-3232
FAX0857-20-3047
メールアドレスnousui@city.tottori.lg.jp

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)