ピックアップインフォメーション 6月

市民による事業評価を公開します

問合せ本庁舎行財政改革課電話0857-20-3164 FAX0857-20-3040 メールgyouzaisei@city.tottori.lg.jp

鳥取市行財政改革推進市民委員会(野田英明(のだ ひであき)委員長)による市民の視点での事業評価(事業担当課に対する事業の有効性などのヒアリングを判定)を公開します。

とき 8月5日(火)13:00〜16:45(予定)
ところ 鳥取市文化センター 大会議室(吉方温泉三丁目)

事業評価対象事業

▷マスつりフェスタ補助金 ▷ウォークラリー大会実行委員会補助金 ▷らっきょう生産振興大会助成事業 ▷各種団体負担金(むらづくり運動事業費、むらづくり大会補助金) ▷ふるさとの味祭り事業費補助金(佐治町地域振興課) ▷公民館祭開催費(佐治町地域振興課)

※駐車場に限りがありますので公共交通機関をご利用ください。

※評価結果は後日取りまとめ、8月下旬ごろに公表します。

※日程と対象事業の詳細は、7月25日頃に市役所本庁舎総合案内所、駅南庁舎総合案内、各総合支所、市ホームページで公表します。
詳しくは、配置する資料をご覧ください。

火災予防条例の一部改正

問合せ東部消防局予防課電話 0857-23-2460

多数の者が集まる催し(イベント)に対する防火管理のため、規定の整備を行います。

対象 祭礼、縁日、花火大会、展示会など多数の者が集まり、火災の発生するおそれのある器具を使用する催し(相互に面識がある、集まる範囲が個人的なつながりに留まる催し等は対象外)
▷器具の例:発電機、LPガス・石油・電気等を使用するコンロ、調理器具・ストーブなど

主催者・露店等の開設者に対して義務化される事項
①原則として露店等ごとに消火器を設置
②3日前までに消防署へ「露店等開設届出書」を提出

※露店等の出店数が100店舗を超える大規模な催しは、消防局長が「指定催し」に指定して、火災予防上の業務計画の作成・提出が義務付けられます。
ご不明な点、ご質問は東部消防局予防課またはお近くの消防署までお問い合わせください。

湖山池フォトコンテスト作品募集

問合せ本庁舎都市環境課電話 0857-20-3252
メールtosikankyo@city.tottori.lg.jp

湖山池の素晴らしさを、もっと身近に、より知ってもらうため、湖山池、湖山池公園など、湖山池周辺をテーマにした写真を募集します。

応募資格 日本国内に居住する人
※18歳未満は保護者の同意が必要
対象写真 次のすべてを満たすデジタルデータ
▷画像サイズ:5MB以下 ※カラー・モノクロの別は不問
▷画像形式:JPEG形式
▷2013年以降に撮影された写真で、他のコンテストなどで未発表のもの ※応募者本人が作成・管理するウェブサイトやSNSに掲載した写真は応募可
▷画像加工されていないもの
表彰 市長賞(1作品):2万円相当の副賞
金賞(1作品):1万円相当の副賞
銀賞(2作品):5千円相当の副賞

※応募方法など、詳しい内容については、電話または本市公式ホームページなどでご確認ください。

公共施設のあり方を考えよう
公開講演会に、ぜひご参加ください!

問合せ駅南庁舎財産経営課電話 0857-20-3852

『公共施設の更新問題』に取り組む先進自治体であり、「ハコモノ3原則、インフラ3原則」を掲げ、『公共施設の更新問題』に取り組んでいる“さいたま市”から講師を招き、公開講演会を開催します。

とき 9月1日(月)15:00〜16:45 ※参加無料
ところ とりぎん文化会館第1会議室(尚徳町)
内容 ①講演『さいたま市公共施設マネジメント計画~さいたま市が進める市民との意識共有~』
②鳥取市の取組報告
講師 関口洋輔さん(さいたま市公共施設マネジメント推進担当)

※応募方法など、詳しい内容については、電話または本市公式ホームページなどでご確認ください。

電動剪定バサミ購入支援事業

問合せ第二庁舎農業振興課電話 0857-20-3386

梨農家が労力軽減のために導入する剪定用電動バサミの購入を支援します。※平成27年度までの事業です。

金額 上限4万5千円(購入金額の4分の1)
条件 次の全ての要件を満たすもの
①梨の栽培に取り組む農家など
②35a以上の栽培面積を有する農家
③栽培面積または出荷量を増やす取り組みをしている(取り組む計画がある)農家または梨の新・改植、高接ぎによるリレー出荷に取り組んでいる(取り組む計画がある)農家
締切 8月20日(水)まで

市民政策コメントを募集します

●特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準を定める条例(案)

●家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例(案)

問合せ駅南庁舎児童家庭課(〒680-0845富安2丁目138-4)
電話0857-20-3464FAX0857-20-3405メールjidou@city.tottori.lg.jp

このたび、平成27年度から「子ども・子育て支援新制度」が施行されるにあたり、国が定める基準を踏まえ、「特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準」「家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準」を条例で定めることとしましたので、市民のみなさんのご意見を募集します。

資料公開 本庁舎、駅南庁舎、各総合支所、各地区公民館、市公式ホームページなどで
提出方法 様式は問いません。住所、氏名、電話番号を明記のうえ、郵送、ファクシミリ、電子メール、持参のいずれかで
提出期限 8月15日(金)必着

市民活動表彰対象者の推薦

問合せ本庁舎協働推進課(〒680-8571尚徳町116)
電話0857-20-3182メールkyodosuishin@city.tottori.lg.jp

市民活動の推進に顕著な功績のあった団体などを表彰します。

対象 市内を中心に、多くの市民の賛同が得られる市民活動やボランティア活動を行っており、今後も継続的な活動が期待できる市民、市民活動団体、事業所
推薦方法 推薦書に必要事項を記入のうえ、持参・郵送・メールのいずれかで上記問い合わせ先まで(活動者本人または所属する団体のメンバーが自らを推薦することはできません)。

※推薦書は、本庁舎1階総合案内および3階協働推進課、駅南庁舎1階総合窓口コーナー、各総合支所地域振興課に設置しています(市公式ホームページからもダウンロード可)。

推薦期間 9月1日(月)まで

※選考により表彰される団体を決定し、11月開催予定の「参画と協働のまちづくりフォーラム」で表彰します。

ナチュラルガーデン倶楽部参加者募集

問合せ本庁舎都市環境課電話0857-20-3252FAX0857-20-3048
メールtosikankyo@city.tottori.lg.jp

ナチュラルガーデンについて実習を交えながら学びます。※小雨決行。

第1回 8月23日(土)9:30〜12:00
内容 ナチュラルガーデンってなんだろう?
   ナチュラルガーデン夏の仕事
講師 ポール・スミザーさん
第2回 9月21日(日)10:00〜15:00
内容 ナチュラルガーデン秋の仕事
講師 ナチュラルガーデンマイスター
第3回 10月4日(土)10:00〜15:00
内容 植物はどんな環境で生きてるの?
講師 ポール・スミザーさん
第4回 12月7日(日)13:00〜15:00
内容 ナチュラルガーデン冬の準備
講師 ポール・スミザーさん
第5回 12月21日(日)10:00〜12:00
内容 ナチュラルガーデン春の計画
講師 ナチュラルガーデンマイスター
ところ ▷講義:市内会議室 ▷実習:湖山池公園ほか
応募資格 庭づくりに興味があり、受講後も県内でナチュラルガーデンの普及・啓発に関わっていただける人で、鳥取県内在住の人
受講料 無料
定員 各25人(応募者多数の場合は抽選)
応募方法 応募用紙に必要事項を明記し、持参・郵送・ファクシミリ・メールのいずれかで問い合わせ先(本庁舎都市環境課 〒680-8571 尚徳町116)まで

★鳥取市学校給食食育推進テーマ★
食でつなげよう学校・家庭・地域の輪
~ふるさとの食を学び、楽しみ、実践するとっとりっ子を目指して~

問い合わせ先第二庁舎体育課 電話0857-20-3372

●第二学校給食センター
たらの梨ソースかけ

【栄養士一口メモ】

鳥取市産の二十世紀梨を鳥取港で水揚げされたたらと組み合わせた一品です。みずみずしい梨の甘みとクエン酸の酸味が夏バテ気味の体の疲労回復に役立ちます。たらのほか、旬の魚や肉にも合うソースです。

● 材料(4人分)●
たら
(切り身)
220g(中3切れ)
片栗粉 9g(大さじ1杯)
小麦粉 9g(大さじ1杯)
揚げ油 適量
40g
 
8g(大さじ1/2)
こいくち
しょうゆ
12g(小さじ2杯)
5g(小さじ1杯)
砂糖 7.2g(大さじ4/5杯)
  1. たらの切り身を2cm角に切り、片栗粉と小麦粉を混ぜ合わせた粉をつけ、180℃に熱した油で揚げます。
  2. 鍋にすりおろした梨と☆の調味料を入れて火にかけ、①にからめます。
1人分
エネルギー 127kcal
脂質 6.1g
タンパク質 10.1g
食塩 0.6g