このページではJavaScriptを使用しています。

2014.07.17 鳥取市の東部に養護学校をつくってください 1420-A0063-001

受付日: 2014.07.17   分類: 教育・学校教育・教育

タイトル
鳥取市の東部に養護学校をつくってください

内容
 鳥取市には、鳥取養護学校、白兎養護学校、鳥大附属特別支援学校がありますが、鳥取養護は限られたお子さんのみなので、親が選択できるのは、白兎と附属になります。しかし、どちらも市の西部にあるので、市の東部に住む親子は通わせるのにとても苦労します。バスで通学もできるそうですが、長い子は1時間もの間、バスで過ごすそうです。地元の小学校へ通えれば(特別学級等)良いのですが、そのような子ばかりではありません。現実、何とか地元の小学校へ通わせたものの途中で養護学校へ移らざるえないお子さんもいます。
 どうか市の東部に住む障がいを持った子ども達が、できるだけ地元に近い場所で支援や教育を受けられるように東部にも養護学校をつくって頂けないでしょうか。
 以前は、国府町にある聾学校、盲学校の敷地内に養護学校があったとお聞きしました。そちらが復活することは難しいのでしょうか。どうか、よろしくお願い致します。


回答
 通学の負担を少なくし、地元に近い学校で専門的な教育が受けられる体制をつくっていくことは、子ども達の自立に向けて重要なことと考えております。その一つの方法として、例えば、鳥取聾学校・盲学校に、現在、受入れ対象となっていない知的障がいや肢体不自由の児童を対象とした学級を設置することが考えられますので、いただいたご意見を特別支援学校を設置している県教育委員会へ伝え、協議していくこととします。
 なお、ご意見の中にありました鳥取聾学校・盲学校の敷地内には、これまで養護学校が設置されていたことはありませんでしたので、申し添えさせていただきます(積善学園という寮は平成15年度までありました)。

 【本件に関するご質問・お問合わせは下記まで】
   教育委員会 学校教育課
   (電話番号:0857-20-3357)
   (E-Mail:kyo-gakkou@city.tottori.lg.jp)







質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?