このページではJavaScriptを使用しています。

就学前乳幼児のインフルエンザ予防接種費用を助成します

 

例年冬に流行するインフルエンザには、予防接種が有効です。

 

鳥取市では、就学前乳幼児のインフルエンザ予防接種費用助成を下記のとおり実施します。

 

助成対象となる接種者

鳥取市に住民票がある満6か月以上の就学前乳幼児

 ・ 接種日において、上記の年齢であることが必要です。

 ・ 対象者へは、9月下旬に助成券を送付しています。

 

 ※ 転入者については、平成30年12月31日までに転入したものを対象とします。

 ※ 平成30年1月以降に満6か月に到達する者は対象外です。

 

接種期間

平成30年10月1日から平成30年12月31日まで(医療機関の休診日は除く)
 

 ※ 平成30年6月生まれの乳児は、平成31年2月28日まで

 

助成金額

1回目の接種に対して、2,300円を上限に助成します。

 

 ※ 接種費用と助成額との差額は、自己負担となります。

 ※ 2回目の接種に対する費用助成はありません。

             

注意事項

・ 対象者へは、9月下旬に助成券を送付します。接種を希望される方は、助成券をご確認の上、医療機関に問い合わせ・予約をしてください。
 

・ 予防接種を受ける時には、不活化ワクチンを受けた後は6日以上、生ワクチン(BCG、ロタ、水痘、麻しん風しん)を受けた後は27日以上の間隔をあける必要があります。

 

・ インフルエンザの予防接種後は、 6日以上の間隔をあければ他の予防接種を受けることができます

 

・ 予防接種は必ず体調の良い時に受けに行きましょう。

 

・ 助成券を利用しての予防接種は、鳥取県東部の契約医療機関で受けていただけます。

 

市外で予防接種を受ける場合の手続について

費用の助成について

契約外の医療機関で予防接種を受けた場合は、窓口で接種費用を全額お支払いいただきます。

その後に申請して頂くことにより費用の助成を受けることができます(助成額には、上限があります。)。

 

 ※ 定期予防接種を県外などの医療機関で受ける場合は、事前に鳥取市へ申請する必要がありますので、お気を付け下さい。

 

<申請に必要なもの>

費用の助成申請をする場合は、下記のものを揃えて鳥取市中央保健センターへ郵送するか、窓口にて申請してください。

 

1. 申請書 (申請書の様式) (記入例

2. 医療機関の発行した領収書原本で、接種費用の明記されたもの

3. 接種済証の写し(母子手帳のコピーなど)

4. 鳥取市が発行した接種券

5. (保護者以外が申請する場合は)委任状

6. (窓口で申請する場合は)印鑑、振込先口座の分かるもの

   ※ 申請者である保護者さん名義の口座へ、振込します。

 

<申請期限>

申請期限は、平成31年3月29日(金)必着です。

 

<申請先>

680-0845 鳥取市富安2丁目104-2 さざんか会館4階

鳥取市中央保健センター 予防係

 

 

以下の情報も関連がありそうです



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
健康こども部 中央保健センター
電話0857-20-3191
FAX0857-20-3199
メールアドレスhokencenter@city.tottori.lg.jp

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)