特集 ふるさと納税で鳥取市を応援してください!!

〜Message〜

「ふるさと」という曲は、日本の自然豊かな景色を思い出させてくれる曲であり、同時に日本人の心になくてはならないものを、思い出させてくれる曲だと感じています。

誰もが優しくなれるようなメロディーが、家族や自然を愛する気持ちにさせてくれます。

このような曲がいつまでも歌い継がれていき、日本人としてのあるべき姿や気持ちが、本当の意味で受け継がれていくことを、心の底から願うばかりです。

この曲に出逢えた事を、日本に生まれた歌手として、幸せに思います。

EXILE ATSUSHI

ふるさと音楽碑 音源提供アーティスト

さだまさしさん 由紀さおり・安田祥子さん 島谷ひとみさん
EXILE ATSUSHIさん グレッグ・アーウィンさん
新倉健さん編曲 混声四部合唱版
菊池ひみこさん(ジャズピアニスト)&夢フェスタ記念合唱団
鳥取市少年少女合唱団

豪華アーティストたちが歌う音源を収録

鳥取市出身の作曲家、岡野貞一(1878〜1941)が作曲した唱歌「ふるさと」が、発表から100年を迎えたことを記念し、久松公園(東町二丁目)入口にある「ふるさと音楽碑」を8月7日(木)にリニューアルしました。

この日行われた記念式典には、岡野貞一の長男の妻の岡野玉重さん、孫の和気聡子さん、ひ孫の涼さん、作詞の高野辰之のひ孫である高野良之さんが出席。鳥取市民とともに音楽碑の完成を祝うとともに、「ふるさと」がいつまでも歌い継がれることを祈りました。

音楽碑のメロディボックスに収録する音源は、「ふるさと」をカバーしているアーティストのみなさんから提供していただきました。このうち、EXILE ATSUSHIさんからは、リニューアルに寄せて、「ふるさと」に対する想いをつづったメッセージをいただきました。ぜひ、音楽碑でそれぞれの楽曲をお聴きください。

問い合わせ先本庁舎文化芸術推進課 電話 0857-20-3226

あいサポート・アートとっとりフェスタ
出展団体紹介

【アート活動グループ「たのしみ」】

写真:集合写真

鹿野第二かちみ園では、平成24年11月、書道のアート活動をスタートしました。月に1回、ワークショップ形式により、好きな文字を選び、思うがままに書くことで、講師の方に本人の持っている芸術性・創造性を引き出して頂いています。

毎年、障がい者文化・芸術作品展「きらきらアート展」に出品し、受賞した作品もありました。

平成25年度からは絵画・造形も加わり、活動内容にも幅ができました。版画では筆やローラーを持つ手さばきもひとりひとり個性があり、閃き・直感で勢いのある作品ができています。それぞれ素敵な個性のある作品に仕上がって、一人ひとりの無限の可能性を発見できる機会にもなっています。

【鳥取市障がい者アート作品展】

出展団体「たのしみ」
日時 9月13日(土)〜25日(木)
場所 あおや郷土館
出展団体「さわやかデイサポート」
日時 9月20日(土)〜29日(月)
場所 中央図書館市民ギャラリー