昭和18年9月10日に発生した鳥取大地震は、死者1210人、住家全壊7164戸、半壊6901戸、全焼183戸という甚大な被害を本市に与えました。発生から70年が経過した昨年、地震の記憶を風化させないため、平成25年12月議会において議員提出議案により、9月10日を「鳥取市防災の日」に制定しました。

問い合わせ先 本庁舎危機管理課 電話0857-20-3127

防災訓練に参加しましょう

災害に備えて、防災関係機関、市民など多数が参加して総合防災訓練を行います。訓練に積極的に参加し、日頃から災害への備え、各家庭での防災対策の見直しをお願いします。

日時 9月10日(水)10:00〜12:00

訓練会場 ①市役所本庁舎、②千代南中学校(河原・用瀬・佐治地域の合同会場)、③湖山西小学校、④湖山小学校、⑤賀露白浜運動場、⑥鳥取港、⑦各総合支所(河原・用瀬・佐治地域を除く)、⑧各事業所・各自主防災会など市内一円

訓練内容 一斉防災訓練、避難誘導訓練、初期消火訓練、医療救護訓練、救助救出訓練、物資輸送訓練ほか(各会場で訓練内容が異なります)
※会場周辺は、ヘリコプターの飛行や特殊車両の通行により交通規制が行われる場合があります。本訓練に対するご理解とご協力をお願いします。

災害情報は、防災行政無線、緊急速報メールでお知らせ

午前10時から10時10分にかけて「地震発生」など訓練のための防災行政無線による放送や、緊急速報メールの配信を行います。

緊急速報メールは、市内に滞在している人に配信されます。マナーモードにしていても着信音が鳴る場合がありますので、携帯電話が鳴ってはいけない場合は、あらかじめ電源を切ってください。
※機種によっては携帯電話の受信設定が必要な場合や、一部機能が利用できない場合もあります。詳しくはお持ちの携帯電話会社ホームページなどで確認してください。

その場でできる一斉防災訓練

訓練が始まったら、まずその場で机の下に隠れるなど、自分を守る行動(一斉防災訓練)をとりましょう。この訓練は短時間で終わり、自分の身を守る訓練になりますので、自宅や会社などで実施しましょう。


去年の鳥取市総合防災訓練

9月10日(水)午前10時には、
だれでも!どこでも!できる!
「シェイクアウト訓練」に取り組もう!

防災行政無線の「地震発生」が合図!
安全確保行動1-2-3

安全確保行動1-2-3とは、
まず歩く、頭を守り、動かない
【提供:効果的な防災訓練と防災啓発提唱会議(シェイクアウト提唱会議)】

訓練への積極的な参加表明として、参加の事前登録をお願いしています。なお、事前登録(参加表明)がなくても訓練への参加は可能です。詳しくは、危機管理課までお問い合わせください。

登録方法 市公式ホームページ、電話、ファクシミリ、メール、郵送、持参のいずれかで
登録内容 団体名、代表者名、参加予定人数、訓練を行う地域、プラスワン訓練など(個人での参加も可能です)
受付期限 9月9日(火)午後5時まで

※自動車、自転車、歩行など移動時は、訓練を行わないでください。

問合せ本庁舎危機管理課(〒680-8571尚徳町116)
電話0857-20-3127 FAX0857-20-3040
メールkikikanri@city.tottori.lg.jp