まちかどアルバム

砂像と映像のコラボ

福部町湯山/8月13日(水)〜30日(土)

写真:3Dプロジェクションマッピング 砂の美術館で3Dプロジェクションマッピング「アブローラ 砂と光のファンタジア」が行われました。訪れた人たちは、白鳥の湖やクレムリンを背景にくり広げられる皇帝貴族の舞踏会など、幻想的な演出の数々にじっくり見入っていました。作品が終わると館内は拍手喝采。見る人に感動を与えるすてきな作品になりました。なお、12月13日から25日までの期間、アブローラエピソード2を上演します。こちらもお楽しみください。

絶品!塩サバ料理

栄町/8月2日(土)

写真:催しの様子 鳥取駅前のバード・ハットで鳥取の新名物塩鯖が堪能できる「ミニSHIOSABAR」が開催されました。この日は土曜夜市が行われたこともあり、多くの家族連れでにぎわいました。ジューシーな鳥取の塩鯖を使った定番の塩鯖焼きや、工夫を凝らした塩鯖丼、塩サバーガーといった創作塩鯖料理などいろいろな味が楽しめ、大人から子どもまでおいしそうに塩鯖を食べていました。暑い夏に家庭でも塩鯖料理はいかがですか。

不動谷川の清流でマスつかみ

青谷町勝部/8月3日(日)

写真:体験のようす 勝部地域まちづくり協議会が、石やブルーシートで不動谷川に作った生け簀で「マスのつかみどり」を実施しました。この日は時々小雨が降る空模様でしたが、親子連れの保育園児や小学生をはじめ地区内外総勢80人余りの参加者は、逃げ回るニジマスをびしょびしょになりながら追いかけていました。スタッフも、童心にかえって一緒になってマスつかみの手助けをするなど、勝部地区に歓声が響きわたりました。

みんなで楽しい夏祭り

鹿野町今市/8月2日(土)

写真:レースのようす 鹿野町総合福祉センター隣の多目的広場で、鹿野町夏まつりが行われました。これは、世代間交流や子どもたちの健全育成、誰もが参加できる福祉のまちづくりを目的として開催されています。会場には、祭りを楽しみにしていた親子連れなど、多くの人が来場し、焼きそばや焼きとり、金魚すくいなど、盛りだくさんのコーナーに行列を作っていました。また、ジャンケンゲームも大盛り上がり。みんなで楽しい時間を過ごしました。

新記録に挑戦!

国府町町屋/8月3日(日)

写真:グランドゴルフの様子 毎年恒例の国府町水泳大会・水泳記録会が、国府町農村勤労福祉センタープールで開催されました。国府地域の小学校3年生以上が対象で、この日は8種目延べ46人が新記録に挑戦。中には特別参加の1年生もあり、すばらしい泳ぎに驚きの声があがりました。また、飛び込みに失敗して立ち止まっても最後まで諦めずに泳ぐ姿に、応援席から惜しみない拍手が湧き上がりました。子どもたちの努力の成果が見えた1日となりました。

世代を超えて昔遊び体験

佐治町福園/7月29日(火)

写真:そば打ちのようす 佐治小学校グラウンドで昔の遊び教室が開かれ、児童20人が参加しました。この日は、地元の人を講師に招き、昭和の子どもたちが遊んでいた「陣取り」と「おはじき」を体験。陣取りは、両陣に分かれ、グラウンドに描かれた道に沿って相手陣をめざし、出会ったところでじゃんけんをしながら陣を取る遊びですが、児童たちは「じゃんけんで勝ち進んでいくのが面白い」などと世代を超えた遊びの楽しさを実感しているようでした。

災害に備える

港町/7月27日(日)

写真:作業のようす 各地で発生している集中豪雨や台風などによる災害から、市民のみなさんの命や財産を守るため、鳥取市消防団水防訓練を千代川河川敷で実施しました。訓練には団員約200人が参加。8月上旬には2つの台風や大雨により各地に甚大な被害をもたらしましたが、これからの台風シーズンに備え、越水防止のための積土のう工や堤防からの漏水を防ぐ釜段工など6つの工法に取り組み、災害への迅速な対応の確認を行いました。

響き渡る美しい歌声

尚徳町/8月6日(水)

写真:コンサートの様子 宝くじの社会貢献広報事業として、「宝くじまちの音楽会」が開催されました。歌手の岩崎宏美さんの美しい歌声と、宗次郎さんが奏でるオカリナとのハーモニーがすばらしく、会場からたくさんの拍手や声援が起こりました。鳥取市少年少女合唱団との共演では、「翼をください」「ふるさと」を合唱。「ふるさと」の共演の場面では、作詞・作曲した高野辰之と岡野貞一のご子孫もステージに上がり、感動的なコンサートになりました。