このページではJavaScriptを使用しています。

2014.08.28 鳥取県または鳥取市が主体で行う飲食事業について 1420-A0094-001

受付日: 2014.08.28   分類: 経済観光・産業振興・地産地消

タイトル
鳥取県または鳥取市が主体で行う飲食事業について

内容
 鳥取県にはたくさんの名産品があります。
 鳥取県で生産される地元の農産物、海産物、畜産物を使い生産者の方、県が協力しあって(Win-Winの関係になれるような)レストランをしてみるのはいかがでしょう?
 具体的には生産者の方が物流に乗せられない不揃いの食材がたくさんあると思います。そういう物を引き受け地産地消のレストランとして価値を付けて地元の方や観光客の方に楽しんで頂くというものです。
 業態としては和食と洋食の2業態、老若男女、全ての客層を取り込めると思います。


回答
 本市は、海と山の豊かな自然に囲まれ、二十世紀梨、松葉ガニ、砂丘ラッキョウ、しょうが、しいたけ、もさえびなど、多くの食材に恵まれています。
 これらの地元産品を地元で積極的に活用するため、本市では平成15年度に「地産地消行動指針」を策定するとともに、官民連携による「地産地消推進協議会」を設置して、地産地消の推進に取り組んでいるところです。
 市が直接地元産品を活用した飲食事業を行うことは考えておりませんが、地元で生産された農林産物や地元で水揚げされた水産物を食材として活用する市内の飲食店等を「地産地消の店」として認定する制度を平成15年度から創設しています。
 現在までに、89店舗を「地産地消の店」として認定し、市民の皆様や観光客に、地産地消意識の啓発や地元産品のPRを行っています。
 また「地産地消の店」を対象に、運転・設備資金に対する融資制度も設けているところであり、引き続き、官民連携して地産地消を推進し、民間事業者主体の地元産品の活用を一層促進していきたいと考えています。


 【本件に関するご質問・お問合わせは下記まで】
   経済観光部 経済・雇用戦略課
   (電話番号:0857-20-3249)
   (E-Mail:keizai@city.tottori.lg.jp)







質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
地域振興局 市民総合相談課
電話0857-20-3158
FAX0857-20-3053
メールアドレスshiminsoudan@city.tottori.lg.jp