このページではJavaScriptを使用しています。

「鳥取市空き家情報バンク」を設置しています! 空き家を活用しませんか!?

          

                                                

   空き家の利活用促進を図るため、「鳥取市空き家情報バンク(以下「空き家バク」という。)」を設置しています。  

   運営は、鳥取県宅地建物取引業協会東部支部(以下「宅建協会」という。)と連携し、行っています。

 

   ※バンク登録希望物件を募集しています! 登録の申し込み方法はこちらです。

 

   現在の登録物件はこちらです。

 

  以下のアイコンをクリックすると、該当のページに移動します。

 

            

 

 

1 「空き家バンク」とは

  空き家の賃貸・売却を希望する人から申込みを受けた空き家を登録し、利用希望者に紹介する仕組みです。

 

 

2 「空き家バンク」の目的

  空き家等の遊休不動産を有効活用し、不動産の流通促進や危険空き家の防止を図ることを目的とします。

 

 

3 「空き家バンク」の特徴

(1)  利用希望者の制限なし!    

    市内に住んでいる方も、市外に住んでいる方も利用できます。

 

(2)  不動産業者が仲介!

不動産業者と空き家所有者が仲介契約(専属専任(※1)又は専任(※2)媒介契約)したもののみ情報登録するため、当事者間のトラブルを防止でき、安心です。

また、仲介契約することで、全国の不動産業者に物件情報が公開されることにより、成約の可能性が高くなり、スピード化が図れます。

 

(※1)専属専任媒介契約:仲介を1社の不動産業者にのみ依頼する契約。所有者自身による 取引や他の不動産業者に重ねて仲介を

   依頼することは禁じられている。

(※2)専任媒介契約:専属専任媒介とほぼ同様であるが、自分で見つけてきた相手方(親親戚や知人と直接交渉した場合など)とは、不動

   産業者を通すことなく契約することができる。

 

(3)  情報内容の充実!

物件所在地、間取り図、状況写真等を掲載します。

 

 

4 登録申込みの要件  (鳥取市全域が対象です!)      

   ・市内に存する戸建住宅(住宅の用途に供する部分が当該建築物の床面積の2分の1以上であるものに限る。)

及びその敷地

   ・現に人が居住していないもの(近く居住しなくなる予定のものを含む。) 

   ・申し込み時に、媒介契約が締結されていないもの

 

 

5 基本的な流れ

「空き家バンク」は、鳥取市が窓口となり、宅建協会と連携し運営します。

 

(1)空き家所有者より登録の申請を受け、現地調査を行った後、「住もう鳥取ネット」が物件の取扱い(媒介)を

   希望する不動産業者の募集 を行います。

(2)所有者と不動産業者との媒介契約成立後にバンクに登録し、ホームページ等で情報公開します。

(3)空き家所有者及び利用希望者は、不動産業者を介して空き家の賃貸・売買契約を結びます。 

 

 

 

 ◎詳しくは、鳥取市空き家情報バンク設置要綱をご確認ください。

 

 ◎概要パンフレット

 

    

 

6 契約に関して

   鳥取市は、物件の交渉・契約に関して売買・賃貸の仲介行為は行いません。

   登録前には、不動産業者と仲介契約を結んでいただきます。

   なお、不動産業者の仲介には、法律で定められた仲介手数料が必要となります。

 

7 『全国版空き家・空き地バンク』について

   全国の各自治体が設置している空き家バンクの情報を一元的に提供できるようにするため、国土交通省が公募に

  よって選定した2業者による「全国版空き家・空き地バンク」サイトの本格運用が、平成30年4月1日に開始されました。

 

 

  ・株式会社LIFULL 全国版空き家バンク(外部サイトへリンク)   

 

  ・アットホーム株式会社 全国版空き家・空き地バンク(外部サイトへリンク)

 

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
都市整備部 中心市街地整備課
電話0857-20-3276
FAX0857-20-3048
メールアドレスshigaichiseibi@city.tottori.lg.jp
アクセスカウンタ