このページではJavaScriptを使用しています。

2014.08.25 市町村合併について 1420-A0084-001

受付日: 2014.08.25   分類: 企画・企画一般・新市まちづくり

タイトル
市町村合併について

内容
 僕は河原町在住の高校生なのですが、少子高齢化や過疎化などの社会問題が深刻化している現在、平成の大合併のやり直しが必要だと思います。理由は以下の通りです。
1、住民に寄り添った行政サービスの提供が行われにくくなった
 河原町在住の市議会議員が1名という状態では、河原町民の意見を市政に反映し、行政サービスとして生かすことは難しいのではないのでしょうか?
 また、総合支所が市役所の支所という位置付けでは、地域に密着した行政サービスの提供も難しくなると思います。逆合併を行い、河原町を鳥取市から離別させ、河原町議会・河原町役場を復活させ、鳥取市としての大きな括りではなく、河原町や用瀬町など各地域にあった隅々まで行き届いた政治・行政サービスの提供を行うことが重要だと思います。
 住民が本当に必要としているものを確実に行政サービスとして提供するには、合併前に戻すことが必要だと思います。

2、教育委員会河原町分室について
 以前、教育委員会河原町分室に旧河原町教育委員会が作成した書物の複写の許可を申請したのですが、教育委員会事務局の方に申請しなくてはならないと言われ、許可をしていただくまでに長い時間を要したという経験があります。
 このような縦割りは住民にとっては非常に不便です。
 これも逆合併させ、河原町教育委員会させ、河原町にあった教育・文化の活性化を図ることが望ましいと思います。

3、合併時に行われたアンケートについて
 「2000人の市民を対象とした」とありましたが、現在の鳥取市民を対象としたアンケートですか?それとも合併前の鳥取市民を対象としたアンケートですか?
 現鳥取市民であれば、十分な数でしょうが、合併前の鳥取市民では少なく、住民の声を市政に反映しているとは言えません。そこのところを明確にしていただきたいです。
 また、2000人というのは本当に十分な数なのでしょうか?やはり、住民投票を行った方がよかったのでないですか?

<まとめ>
 合併時と生活環境が大きく変わったので、各地域の住民から意見を収集(地域別で住民投票)し、逆合併が必要かどうかの是非を問うていただきたいです。
 住民の生活がより一層便利になるよう、今後も対応宜しくお願いします。


回答
 ご意見をいただきありがとうございます。以下のとおり回答します。

1.平成16年の本市の合併は、関係する1市8町村の住民・議会が合意して合併したものです。また、合併に伴い特例市となったことで、権限の委譲や国の特例措置等を受けながら、各地域の個性・魅力をさらに磨きあげるとともに、新市一体化への取り組みを推進してきました。河原地域においても下記の事業など様々な取り組みを推進しているところです。
 ・幼保一体化施設「河原あゆっこ園」、河原中学校整備
 ・河原インター山手工業団地整備継続
 ・道の駅「清流茶屋」整備継続、竣工
 ・南部地域総合公共交通システムの構築
 ・あゆ祭り等地域イベントの継続、拡大
 ・高速道路網、ケーブルテレビ網の整備
 ・山陰海岸ジオパークによる連携、観光振興
 なお、本市では、合併10年の節目に、新市域の目指すべき将来像を描いた「新市域振興ビジョン」を策定しました。今後、このビジョンを基に、「いつまでも暮らしたい、だれもが暮らしたくなる、自信と誇り・夢と希望に満ちた鳥取市」をめざし、新市域の一層の振興と市全体の発展に向け様々な取り組みを推進していくこととしています。

2.複写にあたり申請が必要であったことから、行政文書の開示請求であったと拝察します。行政文書の開示請求については、教育委員会が担当するものを含め、すべての市関係機関が「鳥取市情報公開条例」に基づいて、個人情報等の審査・開示決定を経て対応しているところであり、標準処理期間内に審査等を行うよう努めています。
 また、河原地域に合致した教育・文化の活性化を図ることについては、これまで取り組んできたことを地域内だけ共有するのではなく、町単独では取り組めなかったスケールメリットを活かして、情報発信を強化し、市内外を問わず目的等を同じくする事業や施設等のタイアップなども組み合わせながら、さらなる教育・文化の相乗的な活性化を図っていきます。

3.ご照会のアンケートは、市町村合併前に旧鳥取市が、合併に関する住民の意向を把握するために旧鳥取市民2千人を対象に実施したもので、標本数は問題ありません。また、旧河原町をはじめ各旧町村で同様のアンケート等が実施されており、旧気高町では住民投票も実施されました。

 このたび、若い世代の方に、市政に対する意見をいただいたことをたいへん嬉しく、頼もしく思っています。今後も引き続き、本市のまちづくりに関心を持っていただき、これからの本市の力になっていただくことを期待しています。

【本件に関するご質問・お問い合わせは下記まで】
  企画推進部 中山間地域振興課
  (電話番号 0857-20-3184)
  (E-Mail:chiikishinko@city.tottori.lg.jp)
  教育委員会事務局 河原町分室
  (電話番号 0858-76-3006)
  (E-Mail:kw-kyoiku@city.tottori.lg.jp)







質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
地域振興局 市民総合相談課
電話0857-20-3158
FAX0857-20-3053
メールアドレスshiminsoudan@city.tottori.lg.jp