このページではJavaScriptを使用しています。

建設工事の予定価格の事後公表の適用範囲の拡大実施について

 建設工事の予定価格は、透明性の確保、適正な施工の確保、不正行為の排除の徹底を目的として事前公表としておりますが、より公正で競争性のある入札の実施、適正価格での受注及び建設業者の積算能力の向上を図るため、既に、低入価格調査対象工事、土木一般A級・ほ装アスファルトA級の工事において、予定価格の事後公表を実施しています。

 その適用範囲を拡大して実施いたします。

 

1 ねらい 

 (1)適正な競争環境の整備 : 積算能力の向上  

 (2)建設事業者の育成    : 適正価格での受注

 

2 対象工事及び実施期間等 

 (1)対象工事   土木一般A級・ほ装(アスファルト)A級の業者を対象に発注する工事の全件(継続)、

            土木一般B級業者に発注する工事の1/2~1/3程度

 (2)実施期間   平成27年4月1日から

 (3)入札回数   2回(従前のとおり)

 (4)その他     その他は、事前公表の場合と変更はありません。

  注)予定価格の事後公表を行う入札においても、入室時に工事費内訳書の提出が必要です。

 

3 今後の対応

  この結果を踏まえて対象工事の拡大等の検討を行います。

 

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
総務部 検査契約課
電話0857-20-3148
FAX0857-20-3041
メールアドレスkensakeiyaku@city.tottori.lg.jp