このページではJavaScriptを使用しています。

平成26年度 行政評価外部評価の結果について

 

 行政内部で行った行政評価が妥当であるかどうか、鳥取市行財政改革推進市民委員会(野田英明委員長)が評価対象の選定を行い、学識経験者等の専門的見地や市民の視点から検証し、併せて、今後における効率的な行政運営のための提言を行うことを目的として、外部評価を実施しました。

 10月31日(金)、鳥取市行財政改革推進市民委員会では外部評価の総括、各事務事業に対する委員のコメントなどを記した「外部評価報告書」をとりまとめて、市長に報告しました。

 

1.外部評価の目的

 行政内部で行った行政評価が妥当であるかどうか、学識経験者等の専門的見地や市民の視点から検証し、併せて、今後における効率的な行政運営のための提言を行うことを目的としています。

2.対象事務事業

 総合支所のイベント補助金該当事業のうち、市民委員会で選定した6事務事業(下記一覧のとおり)

   事務事業名をクリックすると内部評価(事務事業評価シート)の結果が確認できます。

 

事務事業名

担当課

マスつりフェスタ補助金

国府町産業建設課

ウォークラリー大会実行委員会補助金

教育委員会国府町分室

各種団体負担金(むらづくり運動事業費、むらづくり大会補助金)

教育委員会福部町分室

らっきょう生産振興大会助成事業

福部町産業建設課

ふるさとの味祭り事業費補助金

佐治町地域振興課

公民館祭開催費

佐治町地域振興課

  

3.行政評価外部評価結果の概要及び報告書

  評価結果の概要(PDF:161KB)

 

  評価結果報告書(PDF:314KB)

 

 

4.経過等

  第1回委員会(6月)   評価スケジュールの決定、評価方法の検討

  第2回委員会(7月)   評価方法、対象の決定

  第3回委員会(7月)   対象事業に対するヒアリング内容の協議

  第4回委員会(8月)  評価対象事業のヒアリング

  第5回委員会(8月)   評価結果(速報版)とりまとめ

  第6回委員会(10月) 外部評価報告書のまとめ

  10月31日        外部評価報告書を市長へ提出

  10月以降        平成27年度当初予算編成過程において、提言を反映

 これまでの鳥取市行財政改革推進市民委員会の検討経過は、こちらをご覧ください。

  ○ 鳥取市行財政改革推進市民委員会の検討経過



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
総務部 行財政改革課
電話0857-20-3111
FAX0857-20-3040
メールアドレスgyouzaisei@city.tottori.lg.jp
アクセスカウンタ