このページではJavaScriptを使用しています。

第74回青谷地域審議会

日時:平成26年1029日(水)午後3時~午後5時20

 

場所:青谷町総合支所 第2会議室

 

 

 

【出席委員】

 

亀谷勝彦、髙橋克己、房安一也、前家直樹、山田典子、北村由香里、日置優子、瀧洋子、鱸雅子、鈴木光頼、奥谷吉男、伊藤茂樹、川内美智子、芦川浩史、長谷川英二
以上15名(敬称略)

 

【欠席委員】

 

なし

 

【鳥取市】

 

危機管理課、教育総務課

 

【事務局】
小林支所長、武田副支所長兼地域振興課長(併教育委員会分室長兼中央公民館長)、中宇地産業建設課長、早川水道局営業所長、長田地域振興課課長補佐

 


◎会議次第◎

 

1 開会

 

2 会長挨拶

 

3 議題

 

1)防災行政無線のデジタル化について(危機管理課)⇒資料ダウンロード

 

4 報告事項

 

1)避難所の見直しについて(危機管理課)資料ダウンロード

 

2青谷中学校改築事業について(教育総務課)

 

3市庁舎整備について

 

4)新市域振興ビジョン推進計画について

 

5 その他

 

6 閉会

 

 

◎議事概要◎

 

1 開会

 

2 会長挨拶

 

3 議題

 

1)防災行政無線のデジタル化について(危機管理課)

 

〔主な意見・質疑〕

 

【委員】

 

火災情報など、時間を変えれば青谷のみの放送は可能なのか。

 

【事務局】

 

可能ですが、全市的な緊急放送が優先されるため、途中で放送が終わることがあります。

 

【委員】

 

台風時、緊急放送が聞こえるのか。不安が大きい。

 

【事務局】

 

テレビ、安心トリピーメール、広報車などで対応もしており、サイレンが聞こえたら窓を開けて聞くようお願いしているところです。

 

【委員】

 

地震は火事と違い、予測できない。このような状況も考え、個人個人に聞こえるようにしてほしい。

 

【事務局】

 

放送不明の場合はテレフォンサービスで対応しているところです。また、避難情報はマスコミに伝達されています。テレビやラジオなどと組み合わせて確認をお願いします。

 

【委員】

 

消防署への連絡はどうか。

 

【事務局】

 

現在の方法と変わりなく、消防局から地区団長に連絡がいくようになっています。

 

【委員】

 

戸受信機は希望すれば設置できるのか。

 

【事務局】

 

検討しています。また、区長、地区の防災担当、学校等には設置予定です。

 

【委員】

 

9月に防災無線の調査があったが、住民はよく聞こえると言っている。デメリットを感じるのではないか。

 

【事務局】

 

設置からかなり経過し古くなっているため、状況を把握するための調査であり、デジタル化との関連はありません。(勝部は昨年調査)

 

 

4 報告事項

 

1)避難所の見直しについて(危機管理課)

 

〔主な意見・質疑〕

 

【委員】

 

避難対象地区の括りが大きく、川を通る必要があったり、距離が遠く、洪水時に避難所に辿り着けない集落がある。2災害の心配もある。現地もよく確認してほしい。

 

【事務局】

 

今回の法改正に合わせて精査した結果であることをご承知ください。現状に合ったものではないため、今後調整します。

 

【委員】

 

中郷公民館が洪水時の避難場所となっているが、昭和62年の台風で小学校の校庭が川になった。公民館はさらに地盤が50~60cm低い。耐震の問題もあり、地域づくり懇談会で移転新築を要望している。

 

 

【事務局】

 

各地区の過去の災害状況を確認し、調整します。

 

 

 

2青谷中学校改築事業について(教育総務課)

 

始めに工期等について次のとおり説明がありました。

 

平成26年末から年明けに仮設校舎建築着工、3月末完成、4月に引っ越し予定、その後、現校舎を取り壊し、平成28年1月頃に新校舎建築着工、平成29年5月末完成予定です。また、ランプシェードや和紙のブラインド等、青谷の特産を取り入れる予定です。

 

 

〔主な意見・質疑〕

 

【委員】

 

仮設校舎での生活が2年あまりとなるが、耐震に問題はないのか。

 

【事務局】

 

仮設(プレハブ)であっても耐震基準は満たしています。

 

【委員】

 

どのようなトイレなのか。

 

【事務局】

 

洋式、水洗トイレです。

 

【委員】

 

渡り廊下の風雨対策はどうなるのか。

 

【事務局】

 

建物とするのは難しいため、風雨吹き込み対策を工夫したいと考えています。

 

【委員】

 

新たな遺跡が出ないのか。

 

【事務局】

 

現在建っている範囲は過去に調査してあり、その部分しか掘らないので遺跡が出ることはありません。

 

【委員】

 

東壁面に何か考えられないか。

 

 

【事務局】

 

壁画等、落ちないものを考えています。西面は懸垂幕掲示場所として考えています。

 

 

3市庁舎整備について

 

〔主な意見・質疑〕

 

特になし

 

4)新市域振興ビジョン推進計画について

 

〔主な意見・質疑〕

 

【委員】

 

「各地区のまちづくりリーダーの発掘」とあるが、どのような方法か。いままでもなかなか話が進まない。

 

【事務局】

 

元気塾や各地区のまちづくり協議会、若者参入について相談していく考えです。

 

【委員】

 

平成26年、池田市はようこそ館を通じてふるさと納税のお礼に梨を送っている。カタログで選べるようになっている。鳥取市はどうなのか。

 

【事務局】

 

鳥取市もカタログで選べるようになっています。青谷の特産品も入っています。ふるさと納税の状況は次回の地域審議会で報告します。

 

【委員】

 

「安心ホットライン」設置啓発とあるが、協力者は意志の疎通が大事である。生活状況の把握も必要である。

 

 

【事務局】

 

個人情報の取り扱いについて、十分な配慮と慎重な協議が必要です。

 

 

5 その他

 

〔主な意見・質疑〕

 

特になし

 

 

6 閉会

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
青谷町総合支所 地域振興課
電話0857-85-0011
FAX0857-85-1049
メールアドレスao-chiiki@city.tottori.lg.jp