このページではJavaScriptを使用しています。

2014.10.28 本庁舎は耐震改修しても無駄 1420-A0121-004

受付日: 2014.10.28   分類: 総務・財政財産・財産管理

タイトル
本庁舎は耐震改修しても無駄

内容
 なぜ一般市民に今の市役所本庁舎全館を業務にさしつかえない土曜、日曜にでも解放して見せなかったのか。私はとても残念です。
 「勿体ないから修理して使おう」、これは一般の家庭生活の中でも誰でもが経験、体験してきていることです。
 でも、私は何回かいろいろな会に出席する為、本庁舎に行きましたが、あの建物の内部の造りは耐震改修工事をしてすむ建物じゃないことは誰が見てもわかります。
 変なところにある階段もエレベーターも廊下も部屋の間取りも給湯所もトイレもいくら手をかけ金をかけても直る物ではない。緊急な事態に適応出来る建物ではない。
 耐震改修を訴えつづける人に私はそのことを話しました。「そんなだか?そんなこと知らんだもん。そんなんこの目で見たら考えが変わっとったのに」。何人もの人はそう言いました。
 これを改修するに要する費用は全くの捨て金だと実際にあの中に入ってよく見れば誰でもわかります。


回答
 市庁舎整備について関心をお寄せいただきありがとうございます。
 ご提案いただきました庁舎見学につきましては、以前より出前説明会の案内チラシや公式ホームページで募集し、実施しているところです。今後も引き続き、実情をご理解いただくよう取り組んでまいります。
 ご意見のとおり、本庁舎(築後50年)及び第二庁舎(築後46年)は、耐震診断の数値が基準値以下であること、また、建物内外の老朽化が進んでおり、耐震改修(耐震補強)をしてもバリアフリーや施設の老朽化、狭あい化は改善せず、いずれ近い将来建て替えが必要となることは間違いありません。市民の安心安全、まちづくり、財政効率など様々な視点から、新築移転は正しい選択であると考えています。
 市民の安全・安心なくらしと魅力あるまちづくりを実現するため、市民の皆さまからの建設的で夢のあるご提案をいただき、市庁舎整備を進めてまいります。

 【本件に関するご質問・お問合わせは下記まで】
   総務部 庁舎整備局
   (電話番号:0857-20-3012)
   (E-Mail:choshaseibi@city.tottori.lg.jp)







質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
地域振興局 市民総合相談課
電話0857-20-3158
FAX0857-20-3053
メールアドレスshiminsoudan@city.tottori.lg.jp