このページではJavaScriptを使用しています。

第74回河原地域審議会

日時:平成26年11月25日(火)午後3時から

場所:河原町総合支所 第6会議室

 

〔出席委員〕

美田 収一、前田 毅美、右近 利夫、安木 均、奥谷 仁美、山縣 重雄、木下 忠澄、竹田 賢一、中村 金三朗、楮原 喜代子、森本 早百里、田中 惠利子、露木 知恵、以上13名

〔欠席委員〕

河毛 寛、藤田 和代

 

〔事務局〕

窪田支所長、西尾副支所長、山根水道局河原営業所長、長谷産業建設課長、前田地域振興課課長補佐、太田地域振興課主幹

 

会議次第

1 開会

2 会長あいさつ

3 報告事項

 「鳥取市公共施設の経営基本方針」の策定に向けた検討状況について【資料1】【アンケート結果

4 その他

  ・すごい!鳥取市婚活サポートセンターについて

  ・第39回鳥取市河原町人権ふれあい文化祭について

  ・投票所の一部変更について

  ・次回審議会日程(平成27年1月13日(火)15:00~)

5 閉会

 

議事概要

事務局

これより第74回の河原地域審議会を開催します。

 

会長

あいさつ(略)

 

会長

報告事項について説明してください。

 

事務局

資料1アンケート結果について説明

 

会長

ご意見、ご質問がありましたら、お受けします。

 

委員

河原町内に特に利用されていない廃止予定の施設はありますか。

 

事務局

今、調査を進めているところであり、現在は基本方針として、施設分類ごとの方向性を示すための作業をしているところです。個別施設については、基本方針の決定を受けて、4月以降基本計画として作成する予定であり、現時点で具体的なものはありません。

 

委員

2月に最終提言書とありますが、各地域審議会等が提言書を出すわけですか。

 

事務局

平成26年8月に設置された公共施設のあり方見直しに関する研究会という、学識・有識者からの提言書です。

 

委員

最終提言書が出て説明を受けてみないと、なかなか意見も出しにくいです。

 

事務局

この基本方針というのはあくまでも個別の問題ではなく、方向性までしか示せれませんので、個別の具体的な話にはまだ入りません。翌年4月に基本計画策定開始となっていますが、基本方針に基づき、ここから個別の施設の検討に入っていくという流れになります。

 

委員

人口がどんどん減少する中で、これまでの公共施設が随分あります。老朽化もありますが、老朽化の問題は別としても、これからの公共施設は施設の複合化、多機能化を図っていってほしいと思います。

 

委員

箱物の維持管理にかなりの経費がかかります。今の人口減少の中、早急に公共施設の多機能化、複合化をできるだけ図っていただきたいと思います。

 

事務局

この問題は総論では理解をしていただけると思います。個別の、一つずつの施設の話になるとまたとても難しい話も出てくると思います。

 

委員

特に観光施設などの現在の維持管理費、それと使用料などの収入が示されるでしょうか。公民館とか市庁舎は利用料を取るわけではないですが、観光施設等においては一つの判断材料、目安になると思われます。観光施設の老朽化も大変大きな問題になるかと思います。また、地域における必要性というのも、収支バランスとはまた別個にあって当たり前だと思います。

 

事務局

観光施設については、指定管理者制度の活用も含めて考えていくことになろうかと思います。

 

会長

1月の地域審議会で再度説明がありますので、次に進みます。その他、何かありますか。

 

事務局

・すごい!鳥取市婚活サポートセンターについて

・第39回鳥取市河原町人権ふれあい文化祭について

・投票所の一部変更について

 

会長

以上で第74回河原地域審議会を閉会します。

 

△ページTOPへ

ダウンロード



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
河原町総合支所 地域振興課
電話0858-76-3111
FAX0858-85-0672
メールアドレスkw-chiiki@city.tottori.lg.jp

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)