鳥取市

市道の総合評価方式試行の取り組みについて

1.基本方針


 公共工事の品質確保については、「公共工事の品質確保の促進に関する法律」(平成17年法律第18号。以下「法」という。)第8条第1項に基づき、「公共工事の品質確保の促進に関する施策を総合的に推進するための基本的な方針」(以下「基本方針」という。)が定められ、平成17年8月26日に閣議決定されました。そして、平成17年9月には法及び基本方針に基づき品質確保を図っていく上でのガイドラインとして「国土交通省直轄工事における品質確保促進ガイドライン」が示されました。


 道路事業においても、鳥取市環境下水道部の「総合評価落札方式における試行取扱要領」に準じて総合評価方式を導入し、実施する予定としています。


 なお、この工事等の情報については、「鳥取市が発注する公共工事にかかる情報の公表に関する規則」に準じ、透明性と適正化を図るため随時公開することとしており、これまでの取り組み状況は次のとおりです。

 

 

サイト内リンク

 

鳥取市下水道等の総合評価方式試行の取り組み

 

 

 

総合評価落札方式における試行取扱要領(環境下水道部出展)

 

総合評価落札方式における試行取扱要領(246KB)(PDF文書)


総合評価落札方式実施フロー図(229KB)(PDF文書)

 

 

2.業務

 

平成28年度 市道路面下空洞調査業務の総合評価落札方式について

 

市道路面下空洞調査業務選定検討委員会設置要綱(96KB)(PDF文書)

 

概要、評価結果、最優秀提案者の主な技術提案内容(130KB)(PDF文書)