このページではJavaScriptを使用しています。

公民連携(PPP)の取り組み

 公共施設経営を進めていく中で、市民・民間事業者・行政が協働し、お互いが利益を得られるような(win-win)仕組みを構築することが必要であると考えます。

 

 今後、公民連携(PPP)の取り組みを積極的に推進していきます。

 

 

PPPによる公共施設の整備等について

 

 近年、全国的な動きとして、公共施設の整備・運営へのPPPの導入が広がっています。

 

 鳥取市においても財政状況等をふまえて、PPP等を積極的に導入したいと考えており、現在の状況等について情報提供させていただきます。

 

 PPPにおける公共施設の整備等について(情報提供)

 

 

PPPの導入を優先的に考える指針を作成

 

 鳥取市公共施設整備等におけるPPP導入検討指針

 

 

PPP推進サポーター募集中

 

 PPPについて、『興味がある』『市と一緒に勉強してみたい』『市の取り組みを応援したい』『新しい公民連携の事例を見てみたい』『関わってみたい』など、前向きに鳥取市の進めるPPPや公共施設マネジメントを応援してくださるサポーターを募集しています。

 

 鳥取市PPP推進サポーターの募集

 

 

 

※ PPP(パブリック・プライベート・パートナーシップ:公民連携)

     ・・・公民が連携して公共サービスの提供を行うスキーム(計画・企画)。PPPの中には、

       PFI、指定管理者制度、市場化テスト、公設民営方式、さらに包括的民間委託、自治

       体業務のアウトソーシング等も含まれる。(日本PFI・PPP協会HPより)

 

 

前のページに戻る

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
総務部 財産経営課 資産活用推進室
電話0857-20-3852
FAX0857-20-3879
メールアドレスshisan@city.tottori.lg.jp
アクセスカウンタ