このページではJavaScriptを使用しています。

『鳥取市公共施設の経営基本方針(第1版)』の策定について

 鳥取市では、平成26年2月『鳥取市公共施設白書』を作成・公表し、『鳥取市が全国の多くの自治体と同じく“公共施設の更新問題”を抱えている』という事実を市民のみなさまと共有しました。

 

 これに続き、鳥取市は、次世代へ過度な負担を先送りせず、更新問題に対応していくため、総合的・中長期的な視点での『新しい公共施設経営』を導入していくこととし、その基本的な考え方を示す『公共施設の経営基本方針』を策定しました。

 

 『新しい公共施設経営』は、これまで定着していた公共施設に関する既成概念を見直すものでもあり、ときとして、利便性などに影響を及ぼす可能性も否定できません。

 

 しかし、社会情勢が変化する今こそが、変革の時期であり、“公共サービスの新たな可能性を拓くチャンス”です。
 将来あるべき鳥取市の姿に向けて、みなさまと情報を共有し、前向きに『新しい公共施設経営』を進めていきます。

 

 

 

前のページへ戻る

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
総務調整監 財産経営課
電話0857-20-3852
FAX0857-20-3879
メールアドレスzaisankanri@city.tottori.lg.jp
アクセスカウンタ

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)