このページではJavaScriptを使用しています。

2015.01.30 がん検診、歯科検診について 1420-A0146-002

受付日: 2015.01.30   分類: 福祉保健・保健・成人保健

タイトル
がん検診、歯科検診について

内容
 検診期間が7~2月となっているが何故ですか?がん検診の受診率が低いと広報をしてますが、検診期間を広げれば受診率は向上するのではないでしょうか。市民の利便性を考えて検診期間を最大限広げていただくことを期待します。

回答
 本市では、がん検診について、市民税課税状況による自己負担金減免制度を設けています。このため、当該年度の市民税が確定した後に各々の自己負担額を記載した受診券を送付していますので、検診開始を7月からとしています。
 また、受診期間については、健診結果による保健指導、がん検診の精密検査受診勧奨等を実施する期間を設けるため、2月末までとしています。
 ただし、自己負担金を無料とした国保特定健康診査及び全てのがん検診無料クーポン券対象者(特定の年齢の方)については、受診券を5月に送付し、健診開始時期を1カ月早めて6月から実施しているところです。
 今後も休日健診の実施や休日に検診できる医療機関の情報提供により、受診する機会を拡充していくとともに、啓発活動の推進、未受診者への受診勧奨を行い、受診率向上に努めてまいります。

 【本件に関するご質問・お問合わせは下記まで】
   健康・子育て推進局 保健医療福祉連携課
   (電話番号:0857-20-0320)
   (E-Mail:hokeniryo@city.tottori.lg.jp)







質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
地域振興局 市民総合相談課
電話0857-20-3158
FAX0857-20-3053
メールアドレスshiminsoudan@city.tottori.lg.jp