★星のコテージ「ジュノー観測所」

  星のコテージ「ジュノー観測所」の「ジュノー」は、1804年に発見された小惑星にちなんだ名前です。ジュノーは元々ローマ神話の「ユノ」のことで、ギリ シャ神話では大神ゼウスの妻ヘラを表すといわれています。結婚と家庭を司る女神でもあり、「ジューン・ブライド」のジューン(6月)は、ジュノー(ユノ) から付けられたとも言われています。
 ジュノー観測所には、15cm屈折望遠鏡が入っています。口径が15cmのレンズを使った望遠鏡で、月や惑星が特によく見えます。佐治天文台の4階には 103cm反射望遠鏡がありますが、この望遠鏡のサブ望遠鏡として、横についているのが、同じ15cm屈折望遠鏡です。天文台を見学された時には、チェッ クしてくださいね。
 宿泊定員は6名。6畳の和室が2つとキッチンを兼ねたリビングが1つ、お風呂、トイレが付いています。

・15cm屈折式望遠鏡(三鷹光器製)
  主   鏡  口径15cm、口径比F12、焦点距離f=1,800mm、アポクロマートレンズ
  架   台  ドイツ式赤道儀
  ガイド 鏡  7.5cm屈折望遠鏡(F6.7 f=500mm)
  ファインダー 口径5cm、倍率7倍
  接眼レンズ  眼視用接眼レンズ、拡大撮影用接眼レンズ
  そ の 他  写真撮影用カメラ取付装置(一眼レフカメラ用)
 ・4m天体観測室ドーム(ニッシン製)









撮影例:

カメラ付携帯 コンパクトデジカメ コンパクトデジカメ(動画) 一眼レフカメラ カメラ取り付け例