このページではJavaScriptを使用しています。

2015.01.20 中山間地域の振興について 1420-A0149-001

受付日: 2015.01.20   分類: 企画・企画一般・企画一般

タイトル
中山間地域の振興について

内容
 近年、郡部の町村、中山間地区の人ロ減少は箸しく地域は衰退の一途を辿っている。高齢者のみの世帯が多くなり、病気やケガ、火災、地震等の災害、悪質部外者の進入などあらゆる面で、不安定な現状はもはや放置できない状態である。そこで、具体的な提案は次のとおり。
(1)若者や壮年の定住を図る。転出している地区民や縁者を呼び戻す。
(2)地区集落の各谷筋の中間点に生活に必要な施設を造る。例えば「小型マーケット」、「ホームセンター」、「衣料品や薬店」など。
(3)移動(販売)配達車で集落を回る(買い物に出れない人の為)。
(4)小規模保育所、介護支援センターの設置
(5)交通手段の確保。
※小さな拠点を造り、遠い市街地や町に出かけなくても、当面の生活が出来る対策が必要である。又新しいコミニテイーの 場所にもなる。
 設置は行政が行うが、運営は地区住民が主体となる。なお、旧学校舎や空き家、公民館などは大いに活用すべきである。また、かつての役場等のあった町の中心やその周辺には、上記のほかに診療所、保育園、学校、公営住宅、農協支店等が必要である。
 最も重要な事は、激減した人ロを少しでも戻すため、若者の定住対策が必要である。そのためには、働くところ、収入を得るところが必要で、事業所や工場の誘致が急がれる。また、多数を占める高齢者の安全と生活の利便性向上が急がれる。


回答
 中山間地域の振興についてご提案いただきありがとうございます。
 全国的に人口減少や少子高齢化が進む中、中山間地域においては、生活の利便性や就業のため地域外への転出や都市部への人口流出が増加しており、防犯・防災や緊急時の対応への不安感の増大、農林水産業の縮小と耕作放棄地・鳥獣被害の増加、さらに伝統行事の継承・集落機能の維持が危ぶまれるなど様々な課題が発生しています。
 本市の大部分は中山間地域であり、中山間地域の振興は本市の発展に不可欠なものです。このため、本市では平成21年度に鳥取市中山間地域対策強化方針を策定するとともに、第9次鳥取市総合計画において「中山間地域の暮らしを支えるプロジェクト」として重点事業に位置付け、総合的に地域力の再生に取り組んでいます。
 中山間地域の豊かな自然、恵み、歴史・文化、産業を大切にし「いつまでも暮らしたい、誰もが暮らしたくなる」地域づくりを着実に推進していくためには、従来からの個別の事業や組織ごとに縦割りされた取り組みではなく分野を横断した複合的な取り組み、また、市民と行政が今まで以上に知恵を出し合い、いっそう協働していくことが重要です。
 現在、本市では第10次鳥取市総合計画の策定作業と併せて、地方創生のための本市独自の総合戦略の策定を進めています。ご提案内容につきましては市の関係各課で共有し、これからのまちづくりを進めるための参考とさせていただきます。

 【本件に関するご質問・お問合わせは下記まで】
   企画推進部 中山間地域振興課
   (電話番号:0857-20-3184)
   (E-Mail:chiikishinko@city.tottori.lg.jp)







質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
地域振興局 市民総合相談課
電話0857-20-3158
FAX0857-20-3053
メールアドレスshiminsoudan@city.tottori.lg.jp