このページではJavaScriptを使用しています。

2015.02.04 鳥取城の舗装について 1420-A0150-001

受付日: 2015.02.04   分類: 都市整備・公園・公園

タイトル
鳥取城の舗装について

内容
 県立博物館下(坂下門)から二ノ丸下の段までの園路が以前よりひどい状況に整備された。お金の無駄遣いである。観光客として情緒を無視したもので残念でならない。
 景観的に黄色の舗装はあり得ないし、また傾斜路につるつるした物を塗るのも考えられない。
 このようなお金が地方交付税等で賄われているのでは、今後鳥取に税金投入するのはいかがなものか考えさせられる。またふるさと納税もしかりである。
 ここは大都市の真ん中の都市公園ではありませんし、また傾斜路ですよ。鳥取城は兵糧攻めの件で有名になった城であり、鳥取市としての顔と思いますが、これでいいのでしょうか。早急に舗装をはがし安全で且つ情緒ある園路に復旧してください。


回答
 このたびは、貴重なご意見をお寄せいただきありがとうございます。
 舗装の着色については、現在のところ施工して間もないため黄色掛かって見えますが、時間が経過するにつれ、落ち着いた色(土色)になるものと見込んでいます。
 また、傾斜路に塗ってあるつるつるした感じについては、時間経過とともに無くなって行くものと見込んでいますが、滑りにくくするよう表面の処理を行う予定です。
 なお、正面スロープ(仁風閣~仲仕切り門)の部分については、仕上げに滑りにくい塗料を使った塗装を行うこととしています。色調は、米蔵跡(仁風閣下の広場)の通路と同等のライトブラウン色を予定しています。

 【本件に関するご質問・お問合わせは下記まで】
   都市整備部 都市環境課
   (電話番号:0857-20-3273)
   (E-Mail:tosikankyo@city.tottori.lg.jp)







質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?