二席「棚田に映るカシオペア」

楠本 毅さん(香川県)

 棚田にカシオペアが映えます。以前、田毎の月と題した日本画を見たことがあります。田毎の月とは、水田の一枚ごとに月が映えていると思ったのでしょうか、水田の一枚ごとに月が描かれていて誠に不自然な作品でした。それにもかかわらず入選になっていて撰者の目を疑ったのでした。
 この楠本さんの作品は、手前の一枚の水田にカシオペアが映え他の水田と併せて夜空を上下二段として見ることができます。水田は田植え前でしようか、人家の灯りがそこの生活をしのばせます。静かに更けゆく、棚田を取り巻く自然の雰囲気。情感の溢れる作品になりました。

入賞作品展のトップに戻る