三席「天地の饗宴」

増田 弘さん(広島県)

 満天の星空と満開の桜。作者のみならず誰しもが感動する日本の春。夜空にスックと立ち枝を延ばした桜。昨年のNHK 大河ドラマ「八重の桜」のタイトルバックを思い出しました。気高く強く夜空を背に孤高を示します。この桜、一本立ちのヤマザクラ、薄い桜色の花はライトアップのせいでしょうか。織女星(ベガ)が樹上で、牽牛星(アルタイル)が右上で共に見下ろします。

入賞作品展のトップに戻る