佳作「天国への階段」

田中 寿典さん(徳島県)

 吉川英治の名作「鳴門秘帳」の舞台が、徳島県の最高峰剣山。この山頂に続く木の階段。その前方には夏の天の川が流れ下ります。地上の部分がやや多くて天が少々狭く感じますが、作者の素直な感情が表わされた作品です。頂上のアンテナが天を突きさす槍の穂先に見え、階段を登りつめて天に向かう気持でしょう。山頂の男女の二人連れ。天に向かって何を誓ったのでしょう。天と地の融合。素直に感じます。

入賞作品展のトップに戻る