佳作「ソラを見上げて」

福永 崇平さん(大阪府)

 大学の同好会で出かけた駒ケ岳の山荘での撮影です。駒ケ岳という名前の山は各地にあって、この駒ケ岳を特定できませんが、若しかすると木曾駒ケ岳。標高はおよそ2900メートル。例え夏と言ってもそれなりの気温。山の稜線には残雪が見えます。山荘の傍の岩に座してソラを見上げる1人の人物。何を感じ、何を想っているのでしょう。夏の天の川がその想いを受け取って流れます。孤高の人が見上げる星空、その雰囲気を感じさせる作品です。

入賞作品展のトップに戻る