佳作「樹氷越しに見上げた天の営み」

鳥羽 聖朋さん(兵庫県)

 モミの木と唐松の雪をまとって並び立つ姿に魅了されて写した、と作者の弁。月明かりに浮かぶ樹氷の美しさと、その向こうに輝く星々。作者の思いが伝わるような作品です。月明かりがないと樹氷は輝かず、月明かりが強すぎると星達の光が薄れます。2013年の元旦の星空です。広角レンズの特性が生かされました。
 

入賞作品展のトップに戻る