二席「柿の木と日周運動」

斎藤 一弥さん(群馬県)

 赤く熟した柿の実、一枚の葉も見えません。その柿の木の右下に北極星。北極星が画面の低い位置に収められているので、ちょっと意外な雰囲気を感じます。柿の実の赤さが画面を際立たせる効果を発揮して、とてもカラフルな星空を生み出しました。短焦点レンズでの撮影なので、レンズのディストーションにより北極星の周りの星の軌跡が楕円。面白い効果を生みだしました。撮影時間の長さも適当なので美しい作品に仕上がり、一本柿の木の面目を示しました。
 

 


入賞作品展のトップに戻る