佳作「大天井に立つ銀河」

田淵 典子さん(神奈川県)

  春山登山で登った燕山荘。小屋で迎えた夜明け前の夏の天の川の雄大な流れ。山稜を埋め尽くす雪の冷たさと夜空に懸かる夏の星たち。サソリは立ち上がり、いて座が後を追いかけます。いつになるとサソリを仕留めることができるのでしょう。星空を舞台の共演が続きます。山稜の彼方の人工灯火が、人の営みがあることを教えます。しみじみと心に滲みる雰囲気の作品です。
 

入賞作品展のトップに戻る