佳作「晩秋星景」

円舘 金さん(北海道)

 晩秋とは言え北海道の11月。夜間の冷え込みは並大抵のものではないでしょう。エゾ松かカラマツの林の上空の空間に秋の星座が懸ります。カシオペア、ペルセウスに挟まれた二重星団たちが存在を主張してくれます。木立を赤く染めているのは自動車の尾燈でしょうか。一種独特の雰囲気を作り出しました。
 

入賞作品展のトップに戻る